カナダ・バンクーバーでの銀行のアカウント開設方法!

ワーホリ等の短期滞在でも長期滞在の方でもカナダで開設しやすく、管理費もかからないオススメの銀行TD Bankの口座開設方法についてご紹介します。

ちなみに私はバンクーバーに来て最初にエージェントに勧められるままに銀行を開設してから、ずっと変えずにいましたが今回は初めて銀行を変えました。自分で実際に調べて開設した事で気づいた事も含めてシェア出来たら良いなと思います。

 

カナダ・バンクーバーの銀行情報

この度はその経験を踏まえて、カナダでの銀行の開設方法をご紹介したいと思います!果たして日本とカナダの銀行で何か違いがあるのでしょうか?

日本とカナダの銀行・カードの違い

基本情報として日本とカナダの銀行とカード事情の違いは3つあります。

銀行口座の維持費がかかる!

日本とは違い維持費がかかり毎月決まったお金が自動的に銀行に引かれてしまう!

これは1定のまとまったお金を銀行に入れておいたり学生としてアカウントを持ったりすると免除されたりしますが、ただカナダ最大手の銀行であるRBC Royal Bank等は学生免除はありますが、それ以外は維持費は引かれてしまうようです。

カナダはカード社会!

現金をほとんど持ち歩かず全部皆カードで支払う事が多いカナダ。

小さなお店等でも使えるのでとても助かるのですが、日本のクレジットカードで支払うのも手数料がかかり気になりますよね。

こちらでは”デビットカード”という、その場で銀行からお金が引き出されるカードが主流なのでこのカードを作るためにも銀行はあった方がいいです。

お金の引き出しやカードの使用数にリミットがある又は手数料がかかる

これはアカウントのプランにもよりますが、月のMonthly feeが低いプランだと利用可能回数が少なく、それ以上からは手数料がかかったりします。

ちなみにMothly feeが高いプランだとその回数のリミットが無かったりしますよ。もちろんMonthly feeは預け入れ金額によって免除可になります。

 

留学生・ワーキングホリデーにいいカナダの銀行はどれか?

どの銀行がいいかだと意見は色々違ってくると思いますが、留学生にとっていいのはと考えると自ずとしぼられてくると思います。

ちなみに私が初めてバンクーバーに来てエージェントの手も借りず自力で銀行を開設する場合こちらをお勧めします。

 

日本語でも対応も可!場合によっては維持費も無料!?TD Canada Trust   

 

おすすめポイントは2つ。

  • 日本人スタッフがいる支店があるので、英語が苦手でも簡単に開設出来る!
  • ATMの数が多い!

この日本人スタッフがいるという所が本当大きい利用です。Granville駅のTower支店という1支店のみとなっていますが、不安な事・疑問等がありましたら日本語で聞けるのが心強いです!

 

TD銀行の口座開設方法

私も実際にここで口座をひらいた時の流れは以下のようになります。

、支店に直接行き日本のスタッフの方とのアポイントメントを取る。
(この時のアポイントメントの調整をしてくれた人も日本人だったので、
全然英語を話せなかった私でも簡単に出来ました。)
、アポイントメント当日、身分証(パスポート)・現在のVISAを持っていく。
、銀行のスタッフの方と相談し、どのプランが合ってるか等

アドバイスをいただきながらプランを決定。
、書類に署名し銀行開設完了!

所要時間は1時間ほどだったと思います。思ったよりあっさり手続きも済んだ印象でした。

 

ちなみに維持費も1番低いプランで$2000を最低いれておけば無料になるなど、一定額のお金を預けておく事によって維持費が無料になります!

 

外国で銀行口座をひらくのは言葉も難しく不安な点もあるかと思いますが、ここだとそんな不安も無く開設出来るので、よければ参考にしてみてください!

 

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございます!

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです><↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ