コロナによるアジア人差別!?ドイツで「コロナ」と叫ばれた日。

ニュースでコロナ流行の影響でアジア人が海外で差別的な扱いを受けたという話を聞いたことがありました。

私は実際に海外生活は長いのですが、あからさまな人種差別を受けたことがありません。

ただ人種差別がないとは思っておらず、そういうネガティブな考えの人はいるのは確かです。なので”コロナ”という一つの出来事から、その根底にあるものが浮き彫りに出てきてしまったのではと個人的に考えていました。

ドイツで車からいきなり「コロナ!」と叫ばれた

実は少し前の話に遡ります。

それはバイエルン州が外出自粛を発表してパニック買いがひどいスーパーで何も変えずに帰っていた帰り道。

車の通る道路の脇にある歩道を買い物できなかったっとトボトボ帰っていたときのことです。

隣を普通に車が通っていたので何時からその車が横にいたのわからないですが・・・

いきなり横から「コロナ!」という男の人の叫び声が聞こえました。

思わずビックっとして振り向くと横にいた1台の車が、急発進して走り去って行ったのです。

えっ・・・と思わず固まってしまいましたよね。

周りを見渡してもその近くと私サイドの歩道には私しかいなかったので、あの叫び声は私に行ったのだ判断しました。

独り言だとしたら大きすぎですし、あんな風に叫ぶ必要はありませんからね。

実際に動揺しすぎて、男の人の声が若い人のものかどうかさえもわかりませんでした。

ただ若者が揶揄うために言ったにしては声のトーンが怖かったですし、スーパーの近くでしたから私のように買いたいものが購入できず苛立っていたのかもしれません。

差別というには、ただ「コロナ」と叫ばれただけですから甘い出来事でしょう。もっとひどい差別を受けた人の話も聞きましたし・・・

ただ正直言って、夜道にいきなり男の怖い声で横から叫ばれて驚いたし怖かったです。

それに家までの帰り道、怖く悲しい気持ちをずっと引きずってしまいました。。。

今はコロナの影響で人がピリついているので仕方のないこと?

そして中国人が運んできたっと言われたコロナもヨーロッパではすでに人から人へ感染が広がっていてアジア人だからっと差別されることは少なくなってきているのでは?っと思います。

住んでいる場所が中心地から離れた住宅街ということで、観光客に間違われないからというのもあるかもしれませんが近所のスーパーに行ったときでも特にアジア人だからと白い目で見られるようなことはありませんでした。

ただ今回私に叫んだ男の人のように、“コロナの元凶”っと思って少なからず良くない感情を持っている人もいるのかもしれませんね。

今はアジア人というよりコロナっぽい症状“を出している人の方が被害を受ける可能性がありそうです。実際に席をした人が暴行を加えられたというのもニューズになりましたし、コロナによる恐怖が人を疑心暗鬼にさせたりピリつかせているのだと思います。

やはり余裕がない時は、人は他者に対して優しくできないと思いますので。

コロナの脅威はまだまだドイツだけでなく世界的にありますが、自分ができうる限りの感染予防と他者へうつしてしまわないよう配慮を心がけて行きたいですね。

私の住んでいるミュンヘンも外出制限がかかり人々へのストレスも膨らんでいるとは思いますが、私も心にできうる限りの余裕を持って人に優しく思いやりのある考えを持ちたいものです。

今回は少し暗い内容になってしまい申し訳ありません。ドイツで実際にコロナによる差別的なことがあるのだという、一つの事例をシェアしたくこの記事を書かせていただきました。

差別というのはどこにでもある問題です。無意識にしている・考えてしまっていることもあります。自分とは遠いものだと思わずに、今はコロナということもありますが人種だけでなく”差別”についても少しでも考えていただけたらと思います。私自身も自分のいままでを振り返って色々と考えさせられましたし、まだ上手く考えがまとまっていません。考えるほど難しい問題ではありますよね。

 

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございました。

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ