どでかい七面鳥を食す!?Thanksgiving Day 感謝祭の過ごし方をご紹介!

今回ご紹介するのはカナダのイベントの1つ、本日カナダで行なわれているであろう”Thanksgiving day=感謝祭”についてご紹介させていただきます!

 

丸ごとの七面鳥を食す?Thanksgiving Dayのカナダ人の過ごし方!

Thanksgiving dayとは日本語でいう感謝祭です。

元はアメリカ大陸に渡って来た人達が厳しい冬に出会い食べる物にも困っていたところ…先住民達が食べ物を分け自然の中の生き抜き方を教えたくれたそうです。

その後初めて自分たちで収穫したものや自然の中で採って来た物を達を使って先住民達を招待してお祝いした事が起源と言われています。

今では家族が集まり食事を共にし神様に収穫の恵みを感謝する日としされているようです。

 

Thanksgiving dayは何時なのか?

カナダでは10月の第二月曜日

アメリカでは11月の第四木曜日

に行なわれます。これは National Holiday祝祭日なのでほとんどの人がお休み。

 

実際にカナダ人はThanksgiving dayで何をするのか?

簡単に簡潔に述べますと…Turkey=七面鳥を食すんです。笑

去年はありがたい事にカナダ人のThanksgiving Dinnerに誘われたので、ど定番の感謝祭のお祝いをしてきました!!!

なので実際の食事の様子を今回はシェアしたいと思います。

どでかいTurkey=七面鳥の丸焼き!

到着するなりとっても良い匂いと供に出迎えてくれたのは…

このどでかい七面鳥!!!

ちなみに作ってくれた人の話では9kgらしいで、調理時間はなんと6時間!

しかも1時間ごとに表面に溶かしバターをかけるのがコツのようで、とても時間も手間もかかるお料理のようです!

 

この七面鳥マッシュポテトを食べるのが伝統的な感謝祭のディナーと。

今回はマッシュスイートポテトも作ってくださったのですが、これが自然の甘みあるので私はノーマルのマッシュポテトより好きですw

Gravy Sauce

カナダ人は上で述べた定番のターキーとマッシュポテトの2つの上に、“Gravy Sauce”と言われるものをたっぷりかけて食べるそうです。

このグレイビーソースは肉汁から作られるソースで、それぞれレシピが違うそうですが招待されたお宅のママさんは七面鳥からでた肉汁、ワイン、小麦粉、バターで作ったそうです。

クランベリーソース

さらにもう1つターキーにクランベリーソースをかけるのもカナダ流だと言う事。

私も試してみましたが美味しかったです♡

ヨーロッパ出身の友だちはアップルソースをかけるとかで、そちらも是非試してみたいですね:)

stuffing=詰めもの

今回はどれも美味しかったのですが他にも、七面鳥の中にstuffing=詰めものとしてパンが入っていたのですがハーブと肉汁がパンに旨味として浸み込んでいて本当美味しかったです。

パンプキンパイ

そしてデザートはパンプキンパイを食べるのが定番とのこと♡

スイーツ好きの女子のために、もう1つクッキー&クリームのケーキも用意してくれてましたw う〜ん本当おいしかったです:)

Advertisement

伝統の願い事をするWishbone!

ちなみにターキーを切っている時に”Wishboneやってごらん!”と言われ渡されたのがY字の七面鳥の骨

これも伝統らしいのですが、ターキーから1つしか取れないらしいこの逆さY字の骨を2人の人が端を持ち願い事をし引っ張るんです。

そして折らずにこの長い骨を持てた方の願い事が叶う!との事でした。残念ながら私は力が足りず出来ませんでしたが…笑

お酒もおつまみが美味しくすすみ、ほろ酔いのステキな夜となりました!

 

Thanksgiving Day後の過ごし方

ちなみにThanksgiving Dayは月曜なのですが、用意も大変なので定番的には前日の日曜日にこの感謝祭のディナーを家族で食べ、祝日の当日はのんびり過ごすのがカナダ流だそうですw

そしてターキーは感謝祭のディナーで食べ切ることは到底できないので、ターキーサンドなどアレンジしてターキーを食べ切るのも定番の感謝最後の過ごし方だそうです。

カナダのサンクスギビングデーのイメージが少しでも湧けば嬉しいですし、この情報が少しでも面白いと思っていただけたら幸いです!

 

 

最後まで読んでいただき有り難うございました。

応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ