仮住まいとしてホステルがオススメな理由

仮住まいとしてホステルがオススメな理由

物価の高いノルウェーではホテルの宿泊代もとても高いです!

そんな中で宿代が安く洗濯も食事も作れるホステルは仮住まいとしてオススメ!

まずは今回は仮住まいで利用したオスロの格安ホステルをご紹介。

オスロで最安の宿? Anker Hostel

駅から徒歩12分。エリア的には治安はそこまで良くはないのですがね…

ここら一体がAnkerという系列なのか、

Anker Hotelも隣にあり紛らわしいのでチェックインのはご注意ください 。

 

レセプションが24時間オープン

Bokking.comではチェックインが11時までとなっていますが、実際私がチェックインしたのも24時近くでしたが問題なくチェックイン出来ます。

他にもオスロのマップが貰えたり、

右奥には観光情報やパンフレットもあります!

 

*注意!ベットシーツ代が別途かかる

このホステルでは50nokでベットシーツを借りなくてはならない!

自前で持って来てもいいのですが何もしないで寝ているとハウスクリーニングの人にばれて、 ”今夜までに借りないなら200nokの罰金ですよ!”の紙が置かれる!

実際にルームメートのイタリア人が借りずにそのまま寝てたら、この紙が置かれていて彼は大人しく借りにいっていました。

 

ラウンジ・バーがある(広くはないですが…)

1階はラウンジがありソファや机・コンセントもあるので、

作業したり・チェックインの時間まで待って寝てる人も多く見られました!笑

たまに部屋から出て一人になりたい時はここで作業してました。

小さいですがバーもあるので、

そこで飲んで旅人同士出会ったり他の旅の仲間と出会える場だと思います。

 

ランドリーもあるので洗濯出来る

選択は隣のビルに行かないといけないようですが、受付で60nokで洗剤も買えるようです。

 

ロッカーがある

日本のドミトリーだと鍵のかかるロッカーがありますがココでは60nokで借りなくてはなりません。

 

ただ大きなスーツケース等はラゲッジ用の倉庫に無料で預ける事が出来ます。

部屋はドミトリー又は個室

ドミトリーだとベット4つ又は8つ。個室だと1人・2人部屋もあるようです!

ちなみに私はベット4つに滞在。

ちょっと散らかっていますが、シングル2台に2段ベットが1つ。ちなみに8人部屋は2段ベット4台あるようです。

バスルーム

こちらはしっかり区切ってないシャワーが多いようで、ちょっとした段差+カーテンのみで区切るので床はもちろん水浸しになりますし靴で過ごすので正直汚い!笑

荷物置き

棚があるので一人1列分は使えるはずなのですが、

おじさんが3列分を占領していたため、私は1列分をポーランド人の女の子とシェアする事になりました…

小さい冷蔵庫・2口コンロ

キッチンは付いているが鍋や食器などの器具なし!

 

キッチン用具が借りれるので自炊可能

レセプションで毎回借りないといけないのですが3時間ごとで貸してくれます。

実際は何度も3時間過ぎましたが何も言われませんでした。

ちなみに借りる時は、”ルームナンバー”を聞かれデポジットとして100nkr預ける事となります。

*100nkrきっちり無かったら50nkrでも大丈夫でした 笑

 

朝食付きの事実?

口コミで簡単な朝食があるとみたのですが…これ今は無いようです><

その代わりに“Free Food”と書かれているボックスが、1階のラウンジエリアにあるので余ったフードをそこでシェアし合う事が出来ます!

もちろん中をしっかりチェックしたり自己責任で行なわないといけませんが。

 

宿泊料金は払い戻し可!

さて、仮住まいとしてオススメの1番の理由は、宿泊料金が払い戻し可能という点!

実は知らずに利用したのですが、今回急きょ早めに新しい部屋に移れる事になり、ダメ元でもう支払いをした宿泊金を払い戻し可能か聞いてみた所…可能だそうです!

チェックアウトしたい日の前日の11時までに言ってねっとだけ言われました。引っ越し先にも確認し、5日分の宿泊料金を返却していただきました。

 

仮住まいとしてホステルを押さえておき家が決まり次第すぐ引っ越せるのは、今回とても便利だしお金も無駄にならないと思いました!

*たまたまラッキーで払い戻し可でしたが…

本当は払い戻し可能かどうか先に確認してから、予約をするといいと思います^^;

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございます!

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです><↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ