1日に◯◯円の売り上げ!?ノルウェーのブラックフライデーをご紹介!!

アメリカ等で行なわれているブラックフライデー!一体ブラックフライデーとは何なのか、そして北欧ノルウェーのブラックフライデーの様子も現地からご紹介します!

ちなみにシェアハウスのwifiが本当にダメダメで、この数日は家で全くインターネットが使えない状態が続いています。寝る前に更新するのが日課なのですがネットがなく2日間は断念!泣

このままインターネットが使えない状態が続くなら、新しく更新する方法を考えなくてはなりませんね。

 

Norwayのブラックフライデーの様子を大公開!

さて一昨日は年に1大セールのブラックフライデーでした!

カナダにいた時を思い出し懐かしく思いましたね!そしてアメリカの文化はヨーロッパにもきているんだなっと感心しました。

 

Black Fridayとは?

元はアメリカが発祥のもので今は他の国にも広がっているクリスマスに向けて買い物の始まりになる特大セールです。

アメリカのThanksgiving Dayである11月の第4週の木曜日の次の日にあたる、11月の4週目の金曜日に行なわれます。

 

ノルウェーのBlack Fridayはどうなのか?

ブラックフライデー当日は大きいモールなどは朝の7時から夜中の22や24時まで開店しているので仕事をしていても買い物にいけます。仕事前後に行けますしクリスマス前のこの時期、皆さんのお財布の紐も緩み一大商業イベントではないでしょうか!

お客さん側としてもクリスマスのプレゼント自分へも含めをお得に購入出来ますし、お店側としてもクリスマスに向けて利益がドンっと増えるようで企業も顧客もwinwinな気がします。

かという私はブラックフライデー当日も昨日も…朝から夜まで仕事でしたのでした 泣

残念ながら買い物には行けずその代わり一日前の木曜日に少し買い物に行ってきました。当日が早朝7時出勤になり睡眠確保のため何時もより早めに上がれたので、その足で少しお店巡って来たくらいですが:)

Black weekとして今週中セールを行っているお店も多く、私でも少し恩恵を分けてもらいました。

 

実際のブラックフライデー当日。

飲食店の私の職場でも特別には50%オフのフードを用意して早朝から満を持して開店。

正直みんな買い物に夢中でわざわざ食事には来ないだろう…っと予想していたのですが、やはり目の前を足早に目的のお店まで駆け抜けていくお客さまたち。

確かにショッピングモールの前などには開店前から待っている人がいたり、普通に商品を売るお店はBlack Fridayとして売り上げも伸びているのだと思いますが、小腹が空いた人はsnack替わりにちょこっと買うくらいで朝からアジアフードをわざわざ食べに来る人はいない訳で…

いやー午前中ヒマでした笑

お昼からは買い物に来た人の休憩場所として活躍したくらいで、いつも通りの忙しさで特別に忙しくはなかったですね。

マネージャー曰くが去年は開店時間が通常通りでうちの店舗だけで8万クローネ(日本円で110万円ほど)売り上げたと聞いていたので、今年は早朝から開けるし目指せ10万クローネ!!っと言われていたのですが…やはりショッピングに行く人の目にはとまらなかったようです。

と思ったのも夕方までで…

夕方以降は仕事お終わりに買い物に来てそのまま夕飯という流れ、そして夜は他のお店が閉まっている影響か人が途切れる事無く訪れ…

結果うちの1店舗だけでの売り上げは105,000クローネ(日本円で言うと147万…ほぼ150万円!?)他の店舗と合わせたら一体いくら売り上げたのだろうか…笑

 

こんだけ売っても私たちの時給は変わらないのですがね…泣

その代わり隙き間時間にお店のもの何でも食べていい食べ放題Dayだったので、ここぞとばかりにつまみ食い&シェフにおねだりして特別フードを作ってもらいました♡

皆さまもステキな買い物をできたでしょうか?今回は日本にはないブラックフライデーの様子をノルウェーからご紹介させていただきました。少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです><↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ