ノルウェーのクリスマスお菓子をご紹介!vol.1

クリスチャンの文化がある他の国にはクリスマスをお祝いしクリスマスに食べられる独自な料理もあり、ここ北欧のノルウェーにもクリスマスに食べられる物が沢山あります!

今回はそんな中でノルウェーでクリスマスに食べられるお菓子をご紹介していきます!第二弾もありますのでそちらも一緒にどうぞ。ーノルウェーのクリスマスお菓子をご紹介!vol.2

 

北欧ノルウェーで食べられるクリスマスのお菓子

スーパーの一角にクリスマスのお菓子が並ぶオスロの冬。

今回はスーパー等でお手軽に買えるクリスマスの1つをお菓子をご紹介したいと思います。さて、どんなクリスマスのお菓子がノルウェーにあるのでしょうか。

 

Smultringer

上の写真のドーナッツのような物。(ノルウェーの友だち曰くドーナッツとは違うというのですが…)

こちらは別名”lard rings”アメリカのドーナッツからインスパイアを受けたこちらは、見た目から分かる通りノルウェー版のドーナッツになります。

豚の脂であるラードで揚げていたので”lard ring”という名前が付けられたのだとか、最近ではラードでなく普通の油で揚げる場合も多いとルームメートは言っていましたが。

ちなみにアメリカのドーナッツと違う点は…

特に周りをアイシングやチョコレート等でコーティングせず、中にクリーム等もいれず、砂糖をまぶす事も無く極めてシンプルな味という事です。

味付けとしては生地に練り込まれたCardamonという北欧のBakingではよく使われるスパイスと砂糖のみと本当シンプルになります!

食べてみた所。

スーパーで売られている物は出来立てではないからか触感はとってもソフト。

そしてギュッっと押すと中からシロップなのか油なのか少し染み出る感じでした。でも甘さは控えめなので染み出て来たのは油なのかなっと思います。

そこまで脂っこさは私は感じず甘さが控えめなので軽いっと思ったのですが、アメリカのドーナッツが好きな友人から言わせると“少し脂っこいし甘くないので美味しくない”との事。

なので甘いもの好き方には少し物足りないのかもしれませんね><

甘すぎるのが苦手な私にはちょうど良く、カリッとしていない触感だけが気になりました。ただ屋台なので売っている出来立ては美味しいようなので、皆さんもクリスマスマーケット等で見つけた際は試してみたはいかがでしょうか?

 

さてクリスマスのお菓子ノルウェー版のドーナッツSmultringerを今回ご紹介させていただきました。他にも色々クリスマスに食べられるお菓子がありますので、次に紹介していきたいと思います。今回ご紹介した情報が、海外のお菓子やノルウェーのクリスマスに興味がある方の少しでも参考になれば嬉しいです。ーノルウェーのケーキではない”クリスマスケーキ”という名のJulekake!

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございました!