カナダ料理のプーティンPoutineとは?+おすすめのプティーン屋さん!

移民国家のカナダではカナダ料理があまりないのが現状です。そんな多くないカナダ料理の1つ、ガッツリとした“プティーン”を今回ご紹介したいと思います!

移民国のカナダは色んな国の料理を食べれるというメリットでもあるのですが…

ちなみに食材として有名なのが、国旗にもなっているメープルシロップ。後はロブスターなんかも有名だと思います!スイーツでいうと、バタータルトナナイモバースモアでしょうかね。後ビーバーテイルなんかもカナダ産のスイーツとして日本にも上陸している程です。

これらにもついても詳しく後々ご紹介して行きたいのですが、今回はそんな中でもカナダ料理として1番挙げられるのがこちら”Poutine”とは一体何なのか本日はご紹介します!

他にも食についての記事がありますので参考までに。

 

ソース&チーズがかかったフライドポテト?カナダ料理のPoutine プーティン

このカナダ料理は元は東のケベック州が発祥で、プティーンを簡単に説明しますとフライドポテト+肉汁から作るグレイビーソース+チーズです。

このチーズがまた美味しくて日本で再現するとしてもソースは手に入っても、このタイプのチーズはスーパーとかにはなさそうです。*ちなみにこちらのチーズはCheese Curdsという種類のチーズだそうです。

さて、そんなカナダのソウルフードはファストフードショップやパブ等の飲み屋など結構どこでも食べれる訳ですがバンクーバーには何店か専門店もあります!

 

色んな種類のプティーンが試せるBelgian Friesがおすすめ!

そんな中で私がオススメするPoutine専門店がこちら。

ダウンタウンにも専門店はありますが、こちらはダウタウンから3駅のCommercial–Broadway駅から徒歩10分

 

少し離れていますがコチラのはプーティンは、おつまみとかではなくご飯としてもガッツリ食べられます!

プティーンの種類も16種類ありサイズはMとLの2サイズあります。

価格帯は$7.75~10.75です。

Advertisement

1番のお気に入りは Butter Chicken $9.25

私が1番好きなのがこちらのグレイビーソースの代わりにバターチキンカレーがかかったプーティーンに成ります。

バターチキン好きというのもありますが、少しの辛みが重いはずのフライドポテトをペロリと平らげさせてくれる危険物でもあります!笑

 

その他にも

左 Yam $8.50 右 Sunny Side Up $8.95

左のヤム(サツマイモのしっとりしたバージョン)もヤムの甘みとチーズの塩味がマッチします。

右のサニーサイドアップはご飯代わりにはいい感じですね。

 

せっかくカナダに来られるのであれば、ジャンキーではありますがカナダ料理のプティーンを試されてはいかがでしょうか:)

 

Belgian Fries

  • 1885 Commercial Drive, Vancouver, BC V5N 4A6
  • 604-253-4220
  • Sun – Thu 11:30 – 22:00
  • Fri – Sat    11:30 – 23:00
  • Wifi ×

 

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございました!