ノルウェーのワーホリ 2回目の職探し

ノルウェーのワーキングホリデーについて知っている方はご存知だと思いますが、ノルウェーのワーホリでは基本“6ヶ月までしか同じ雇用主の元で働けない”という決まりがあります。

Personal Numberでtax等を管理されているので、6ヶ月以上働いているとなると簡単にばれてしまうので気をつけないといけません。カナダのワーホリでは期限の制限が無かったので、コレが本当に仕事探しの上でもネックになりました…

 

以前の記事でもお話して来た事ではありますが…ジョブオファーをいただいた所を正式にお断りし事により9月半ばから働いているので、3月中旬くらいには辞めなくてはなりません。

 

ノルウェーで2回目の職探し!

さて1回目のときは全くノルウェー語が話せなかったので、英語で突撃していたのですが今回は拙いながらもノルウェー語を交えて職探しをしたいと思います。

かと言うのも時給が高いノルウェーでの仕事探しはノルウェー人だけでなく他ヨーロッパの方々とも競い合いになるので少しでも有利になれば思いまして。。。

3月から働ければ6ヶ月しっかり働けるので条件的には1回目の時と変わりないのかと思っております。

前回はとりあえずエリアを決めて気になったお店にひたすらCV(英文履歴書)を配りました。

 

今回の作戦的には…伝手を最大限に利用する!

さっそく再びCV配りを!とも思ったのですが、前回と違うのは知り合いが増えた事によりノルウェーの仕事探しでは強い”伝手”が使えると言うもの。

その1つとして早速同僚に仕事探しの件を話した所、紹介されたのが“ベビーシッター”

やはり職務経験的にこの手の仕事がしやすいし好きなのも事実です。やっぱり子どもはかわいい〜!

ただ今回のベビーシッターで1つネックなのは勤務時間

保育園の送り迎え+お母さんが帰ってくるまでの数時間と言う事で平日の5日間1日平均4時間程。

私が学生で昼間の時間にしたい事があればこの勤務時間もありなのかもしれませんが、この仕事のみとなると中々生活が厳しくなるのも事実です。

ただ同僚の友だちというお母さんもお子さんも本当に良い人なので、仕事は楽しいのだろうなとは思うのですがね。

 

とりあえず少し考えさせて欲しいと、この仕事を受けるかどうかは保留にしていただきました。

ノルウェー語のクラスに行くなりボランティアが出来るなりするなら都合のいい勤務時間になるのかもしれませんが…

何かの縁だと思いますし、自分に使える時間が増えるのは良い事の1つ。

何かこの時間を有効に使えるものがあるのか、それも視野に入れてノルウェー語クラス等も調べてみたいと思います。

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございました!

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです><↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ