ノルウェーの治安情報 治安が良い&悪いエリアは?

ノルウェーのオスロに来られる方必見!今回は渡航する前に知っておくといいオスロの”治安”情報についてご紹介して行きたいと思います!他にも観光するにあたり役に立ちそうな情報を書いた記事もありますので興味のある方はどうぞ。ーノルウェーの旅行に来るときの大きな注意点の1つ!

 

渡航前に知っておこう!ノルウェー・オスロの治安情報

私が住んでいるはノルウェーの首都オスロなのですが、“北欧は治安がいい”という噂通り他のヨーロッパの国に比べても治安はいいと思います!

他の国と比較したノルウェー・オスロの治安

さて実際に住んでみた感じた”治安”について他の国と比較しながら、ご紹介したいと思います。

日本

はじめに日本ですが母国という事を抜きにしても、夜道に女性1人で歩けますし、スリ置き引きも少なく、怖いと感じる事もなく本当に治安がいいですよね。

カナダ・バンクーバー

住んだ事があるカナダのバンクーバーについても以前書かせていただきましたが、バンクーバーも治安は良かったです。ーカナダ・バンクーバーの危険・注意すべき5つのこと

ただ上の記事に書かせても頂きましたが、カナダは大麻が合法使用できるとあって注意が必要になります。その大麻をやっている人達ホームレスの人達が集まる危険エリアと呼ばれる所があり、そこには近づかないようにした方がいいでしょう。それさえ守れば特に夜道等でも危険を感じる事はほぼありませんでした。

日本との違いとしては合法大麻の影響でしょうか…ダウンタウンでたま〜に薬物中毒のような状態の人が歩いている時は少し怖いというか絡まれないようにの注意と大丈夫かなと心配にはなりました。。。

ノルウェー・オスロ

オスロは上で書いたような薬物依存者もバンクーバー程見ない印象で、中心部にホームレスやジプシーの方はいますが危険ではないので特に怖い思いをした事はありません。その点からもバンクーバーよりと治安がいいのでは?と思う時があります。

 

ノルウェーで感じたテロの危険性

上で述べたようにオスロ自体は治安が良いのですが、ノルウェーだけでなく他のヨーロッパの国でも同じなのかも知れませんがテロの危険性を考えておく必要があると思います。

テロのニュースを聞くからか、実際にノルウェーに行く事を家族に話した時に1つだけ心配されたのは”テロ”のことでした。

オスロの街中でも中心部の大きな通りや領事館の周りなどでは、テロ等でトラックなどが突っ込んで来ないように大きなオブジェや花壇が置いてあります。私は最初は普通の装飾かと思っていたのですが、ノルウェー人の友人と出掛けた時ににテロ対策だと教えていただきました。

その事からも、やはりテロの危険性はあるのだと感じましたね。

Advertisement

ノルウェー・オスロの治安のいいエリア・悪いエリア

上のバンクーバーの治安についての記事でも書きましたが、治安のいい街でも危険区域はあります。危険というと大げさですが、私が着いた初日に夜歩くと少し怖いなと感じたのは“Storgata”です。また“Grønland駅”“Tøyen”は少し怖い印象があり、あまり夜歩きたくないエリアです。

これはママンが行っていたのですが、この治安の丸さの原因というと語弊がありますが…治安が良くないと言われるエリアは移民の方が多いエリアになっています。

治安を気にするなら”Akerselva”を気にしよう!

観光で来る場合は上記のエリアを避けて観光すると良いと思いますが、私のようにワーキングホリデーで部屋を探す場合は”Akerselva=アーケル川”を基準にすると良いかもしれません。

このアーケル川がオスロの真ん中当たりを流れているのですが…

アーケル川の東側:比較的移民の多く治安が良くないとされている。

アーケル側の西側:家賃等も高くなりますが治安が良いとされている。

ノルウェー人の受け入れではありますが、今は昔程上のような状況が強く残っている訳ではないようですが部屋探しをする&ホテルを予約する上で”治安”を気にする場合は上の事を念頭に置いておくと良いかもしれません。

 

 

簡単な情報ではありますがノルウェー・オスロの治安についての情報をご紹介しました。ヨーローッパ内でも治安が良いノルウェーですが情報として知っておき気をつけて置くに越した事はありません。ノルウェー・オスロに旅行等で来られる方や滞在を考えている方への少しでも参考になれば幸いです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

そして応援がてらにポチっとクリックしてくださるとさらに嬉しいです><↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ