ノルウェーで気づいたらベジタリアンに片足突っ込んでみた件

今までの自炊100krチャレンジの記事を見ていただくと分かるかと思いますが、今年に入ってからほとんど自炊用で肉類を買っていません。

冷凍しておいた鶏肉を利用した事はありますが、ほぼベジタリアンのような生活になっていましたので、今回そんな計らずともベジタリアンに片足を突っ込んでいた生活を紹介したいと思います。

 

ノルウェーでベジタリアンに片足突っ込んでみた件

最初に行っておきますが肉は食べない!っという訳ではありません。ベジタリアンの方からしたら甘いにも程があるので誤解を与えたくないのですが、ただ最近は本当に肉類は買っていないっという事です。

元から野菜はバリバリ食べたい派だったのですが…ノルウェーに来てからそれが加速している気がします。かと言って外食では普通に肉や魚を食べますし…この記事で紹介したようにニシンの酢漬けやイワシのトマト煮など魚を中心に家で自炊もしているのですが、野菜の消費量が肉などや米などの主食より圧倒的に多くなっていました。

特に野菜が安い!っと言う訳ではないのですがね…仲良くなったポーランド人の子やルームメートごブィーガンだったりと周りの影響があるのかもしれません。

Advertisement

一般的な食事では主菜で肉や魚のタンパク質をとる?

私にとっての食事は一汁三菜が基本で、主菜・副菜・汁・米というのがしっかりしていた実家の影響が大きくあります。なので一人暮らしになってからも…

  • 主菜で肉や魚!
  • 副菜で野菜
  • スープ又は味噌汁
  • ご飯

というを作るのが普通というか習慣づいたもので続いていました。

特に疑問も無く小さい頃からの習慣でそうしていたのですが、周りの子の影響か…主菜が必ずしも肉や魚じゃ無くてもいいんだ、満足感があるものであれば別に何でもいいんだ!っと思った事にあります。

なので特に肉は除く訳では無いですが買い出しで当たり前のように買っていたタンパク質系&野菜などの割合を柔軟に変えたに過ぎません。むしろ海外で日本本来の食生活に近い生活に戻っている気がします。

 

あくまで個人的な考え方ですが“バランスの良い食事”が1番だと思いますので、色んな栄養素を色んな食材を通してバランスよくとって行きたいと考えています。

ただ今回の体験を通してタンパク質をとるのを、肉や魚などの動物性タンパク質に限らず植物性タンパク質もとっていこうかなっと。最近はベジタリアンやビーガン用のレシピが増えて来ているので色々試して行きたいと思います。

食事のスタイルも変わっている近年ですから、固定概念にとらわれずに柔軟に食事スタイルをかえていく時代になったのでしょう。

ただ祖母の教えで人間は旬な食材を自然な味をいかして食べるのが1番!で加工物よりは食材その物を大切に食べるっという考えが私の中で根付いています。なのでサプリ等などで栄養素を補うような食事スタイルは私向きでは無いかもしれませんが、動物性タンパク質の量を控えたりと健康なバランスの良い食事をできるだけして行きたいです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

そして応援がてらにポチっとクリックしてくださるとさらに嬉しいです><↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ