ノルウェーのワーキングホリデー申請方法 vol.1

ノルウェーのワーキングホリデー申請方法 vol.1

今回は実際に私が申請したノルウェーのワーキングホリデーの申請方法をご紹介したいと思います。

ノルウェーのワーキングホリデー申請方法 前半

長くなりそうなので前半後半に分けて書いていこうと思います。

まず始めにチェックしたのがこちらの在日ノルウェー王国大使館のサイト。ここにワーホリについての条件が載っていますので参考になさってください。

 

ノルウェーのワーキングホリデー条件

  • 申請時に日本に居住していること。(住民票が日本にあること)
  • 年齢が申請時に18〜30歳以内。
  • 3ヶ月以上は学校に通えない。同じ場所で6ヶ月以上は働けない。
  • 渡航後3ヶ月分のの十分な資金を所持していること。( NOK 31,185=現在42万円ほど )
  • ワーホリ終了後、離れる意思があること。(チケットは必要なし)
  • 健康であり、医療費をカバー出来る保険に入っていること。

 

Application Portal

そして申し込みはネットから行ないますのでUDIのこちらをチェック。

手順

*手続きは基本、英語またはノルウェー語で行ないます!

1、“create new user account”を選ぶ。

2、“User Registration”で個人情報を入力する。

“名前” “名字” “電話番号” “メールアドレス” “アカウントのパスワード”

 

3、登録したメールアドレスの確認のメールが送られて来るので、

貼付けられたリンクをクリック。

4、ヨーロッパ以外の人である、“Application from for citizens of all countries”を選ぶ。

5、どこの国か聞いて来るので、“Japan”と入力。

6、“work”“Exchanges, cultural and organizational work”

“Working holiday for young adults from Japan”を選ぶ。

7、31歳以下か確認されるので、“Continue”をクリック。

8、“How to apply”と申請の流れをザックリ説明。

“Go to application form”をクリック。

 

さぁ、ここからは左端の項目すべての質問を入力して行きます!

 

9、最終確認をし、申請費3,700NOKを支払い完了!

10、登録が完了したことの確認メールが届く。

11、必要な書類をあつめる。listはここ

 

申請に必要な書類

  • すべてのパスポートのコピー
  • 署名した”Cover letter”
  • 最近のパスポートサイズの背景が白い写真2枚
  • 十分な滞在費NOK 31,185以上あることの証明(銀行の残高証明書)
  • 保険の加入証明書(申請時に加入していない場合、こちらの意思表示書を記入)
  • ノルウェーで住む所が分かる書類(ホテルの予約確認書など)
  • 英文の住民票(自分で翻訳可)
  • 健康証明書(こちらのの書式を使用ー健康証明書
  • このリスト表

 

12、大使館に面接の予約をとる。

13、上記の書類をもち、大使館で面接。

14、3〜4週間で結果が来る!

 

簡単に言うと以上の流れになります。

 

とりあえず今は書類集め手前まで終わりました。

この次は実際に書類の集め方等について書いていきたいと思います! Vol.2へ!!

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございます!

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです><↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ