ノルウェーNational ID Number申請の行方&仕事探しの方法

ノルウェーのワーキングホリデーにおいて必要なNational ID Number申請の行方とノルウェーでの仕事探しの方法についてご紹介していきます。

この間、住民カードが届いているとの事でセンターに受け取りに行ってきました。

ノルウェーのNational ID Number申請の行方&ワーホリの仕事探し方!

ID Numberを申請する前に、まずはResidence Cardを取りに行きました。

受け取りに行く場所は住民登録をしたのと同じ場所“Service Centre for Foreign Workers”。informationの順番待ちの紙を取り、待つ事10分無事に受け取れました。

これに住民登録から1年間滞在出来る旨、短期滞在者である事、生年月日、顔写真が記載されているのでパスポートを持ち歩く生活とようやくサヨナラ出来そうでホッとします。

 

National ID Number申請の行方

Residence Cardの受け取った場所で、ついでにナンバーの申請についても聞いてみました。

申請しようとした結果…

出来ませんでした!泣

ずっと不安に思っていたJob offerがやはり必要との事で、まずは仕事を見つけて戻って来なければなりません。これが無い事には色々手続きが進まず…不便すぎる 泣

 

オスロでのワーホリの仕事探しはひたすらCVを配る!

さっという事で今日から早速仕事探しを開始!

とりあえず前回作った英語の履歴書とレターをルームメートに再び添削してもらう事になったのですが、凡ミスが見つかりせっかく印刷したのに再び印刷し直す事に。

ただ印刷してあげるとルームメートさんが印刷してくれたので、わざわざ出歩く必要はなくなりましたがね…

 

印刷中のルームメートとの会話

ルームメートー今日配りに行くのかい?

私ーうん、そのつもりだよー

ーどこらへんに?

ーとりあえず家の近くの場所かな。

ーへぇ、一緒に行くよ!

(っ この人もか?!皆そんなに集団行動するの好きなの?

又は仕事探しは集団でする物なのでしょうか?

実はこの前の日に友人に一緒にCV配りに行かない?と誘われたので…)

仕事探しに同行人がいる事にすごく違和感を感じる私とは別に・・・

ー着替えてくる♪

とノリノリのルームメートさん。

 

ママン的にはノルウェー語が全く話せない私を心配して、分からなかったら助けてあげよう!という優しい気持ちなのでしょうが・・・

いや見た目幼くても子どもじゃあるまいし、

初めてのおつかいでもあるまいし。

自分の力で働いていくのに人の手を借りて仕事得るのは、何か筋が通ってないというか意味ないんじゃないかと思ってしまう私。

そして、このとっても親切で少し心配性なオカンのようなこのルームメートを心の中で“ママン”と呼ぼうと静かに決めた瞬間でもあります…笑

*ちなみにもう1人のルームメートは、通った所に残り香がある程いつも家にいると香水のいい匂いがするので…パフュームならぬパフュちゃんと命名済み。

Advertisement

CV配り

一緒に職場探すのに歩き回るのですが…

ココで待っててと店から離れた所で待っててもらって自分で交渉。

一軒目何も言わなかったら話している最中に気づいたら入って来て助けようとしてくれたため、自分でやらなきゃ意味がないと思う旨を説明しました。

・・・必要なのかな?この説明。笑

 

オスロの仕事探し1日目の結果…ほぼ惨敗!泣

とりあえず1日目という事で印刷した分全部配って10軒で終了。

そのうちの6軒が“今人いっぱいいるから求人ないんだよ。”というもの。やはり時期的に夏シーズンが終わるし厳しいのかな?

ちなみに、そのうち3軒はノルウェー語しか話してくれませんでした。

ここはノルウェーなので当たり前の事ですが、もっとノルウェー語を話せないと…仕事探しは正直厳しそうです!泣

 

まだまだ仕事探しを続けるつもりですが、やはり先にノルウェー語の勉強をもっと頑張るべきか悩むところ。。。

とりあえず再びCV達を印刷してお店周りをするのと、倍率が高くなると思いあまりチェックしてはいなかったのですがインターネットの求人にも目を通してみようと思います!

ノルウェーにワーキングホリデーに来る方の少しでも参考になれば嬉しいです。

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございます!

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです><↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ