バンクーバーでの部屋の探し方 :見学や契約の注意点

以前カナダ・バンクーバーでの部屋の探し方についてお話しましたが、今回はカナダや海外で実際に部屋探しの時に行く見学や契約の注意点についてご紹介したいと思います!

カナダでの部屋探し 部屋の見学や契約時の注意すべき事をご紹介!

実際、日本でもそうですがパーフェクトなお家を見つけるのは大変ですので、優先順位決めリストを作っておくといいと思います。

部屋の見学前にリスト作っておくといい。

リストの内容としては、

  1. 自分の最優先事項
  2. 2番目あったらいいなリスト
  3. 見学時のチェックリスト

等が良いと思います。これはリストをわざわざ作らなくても、自分の中でこれらを考えて整理しておくと違うと思いますよ。

ちなみに私の最優先事項リストは、

  •  ルームメートは女性
  • 英語環境が必須。
  • 家賃は$400台。

 

あったらいいなリストは、

  • バスタブ
  • アパートよりハウス
  • ルームメートと部屋が隣り合ってない
  • 駅近
  • 炊飯器

 

あとチェックポイントとして、

  • 友だち泊めても大丈夫か?そのスペースはあるか?
  • テイクオーバーはあるか?
  • ハウスルールあるか?
  • 1月前ノーティスもし守れなかったら、どうなるか?

 

上から1つ目と2つ目のリストはネットで部屋を絞り込む際に利用しますが、ネットの情報だけじゃ確認出来ないポイントと3つ目のリストは実際に部屋見学に行く時にオーナーさんに確認したい事項になります。

 

バンクーバーでの部屋見学に行くときの注意事項!

部屋探しする中で連絡が来た所と交渉し実際に部屋を見学させてもらいます。この時の注意事項としては…

  • ハウスルールや契約内容等の自分のリスト内容を実際に確認。
  • デポジットを念のため用意しておく(理由)
  • 見学は1人で行かない方がいいかも

 

海外で部屋見学は1人で行かないほうがいい

これは2つ理由があります。

理由1:英語がまだ不安なうちは、英語がしっかり分からなかった事により誤解が生じると後でトラブルになってしまう事もありますので、英語が出来る人と行くといいでしょう。

理由2:これは特に女性の場合ですが、部屋見学時に乱暴を働かされそうになった事等あるようなので1人で行く場合は注意が必要です。相手が女性を装っていて、実際は男性だったという事もあるので密室になる部屋見学は注意するに越した事はないと思います><

 

ちなみに私が見学した時に上記の内容をチェックし一般的なハウスルールもありました。

  • 友達呼ぶのも、シャワー浴びるのも夜10時まで。
  • 洗濯週1回まで。

こういうルールがあると事は多いと思いますが、私の所は実際オーナーが住んでないからか守ってないですね…笑

みんな洗濯回したい時に回しいたそ夜中に帰ってきてシャワーしたり、私はしなかったですがルームメートは友だち泊めたりしてました。

こんな風にルール無視しまくっていますが皆で黙認し合ってます!笑

 

バンクーバーのシェアハウスで知っておくと良い基本情報

部屋を借りる前情報として知っておくと良い情報を少しご紹介します。

1month notice

引っ越ししたい場合は1月以上前に言わないといけない決まりがあります。

例)もし3月から新しいお家に引っ越したい場合は1月31日までにオーナーに言わないといけません。

それを過ぎた場合はデポジットが返ってこなかったり、もう1月分払わされる事もあるそうです。

デポジット

部屋を借りる時に最初に払うお金=保証金です。

前にも言いましたが基本見学にいってその場で部屋を押さえておくために支払う事があります。ちなみにデポジットは法律で家賃の半額までと決まっています。

例)家賃$500→$250以下のデポジット

テイクオーバー

こちらのシェアハウスは基本的に家具などが付いています!

なので日本よりお手軽に引っ越せますし、新生活も始めやすいので短期滞在の留学生にとっても嬉しい限りです!

でもその場合オーナーさんが購入していて何も支払う必要がない場合と“テイクオーバー”と言って前の人が購入した家具を置いて行くので、それを買い取りという形で何百$か支払わないと行けない場合があります。

でも家具など損傷しなければ次の人に同じ値段でテイクオーバーすれば良いので、壊さなければ基本は返ってくる場合が多いです。

 

海外で部屋探しをする上で少しでも参考になれば嬉しいですが、皆さんもステキなシェアハウスが見つけられる事を願っています。

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございました!

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです><↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ