日焼けした肌がセクシー&健康的な海外 偽物の小麦色の肌事情。

わたしが滞在しているノルウェーで日焼けしている肌の方が健康的といわれ若者を中心に日焼けをしているのをよく見ます。今回はそんな海外の日本とは違う“偽物の日焼けした肌”事情についてご紹介したいと思います。

 

日本では”美白”が主流だが海外では?

日本でも“色の白いは七難を隠す”という言葉がある通り、アジアの国では”美白”が主流だと思います。ただ海外では日焼けした肌がセクシー&健康的という事もあり日焼けしようとする姿が見られます。

わたしが滞在しているノルウェーでも白い肌だと不健康に見えると若者を中心に小麦色の肌になりたがる人を見かけますし、また冬場に日光を浴びれない関係からも夏場に存分に太陽の光を浴びたい傾向があるようです。ビタミンDを生成したいという健康的な理由もあるようですがね。ー ルウェーの冬越え対策!ビタミンD不足にならない為の対策方法!

 

このように天気のいい日にビキニ姿ないし肌を露出して太陽の下で日焼けに勤しむ人の姿を暖かくなってからよく見るようになりました。

 

ノルウェー人の偽物の小麦色の肌の作り方

わざわざ肌を焼くのは、これは日本人で日焼けサロンに行く感覚なのでしょうか?ただ人によっては肌が赤くなり日焼けせずに痛くなってお終いっと焼けない人もいますよね。特に白人の方は綺麗に焼くのは難しいのかもしれません。なので日焼けをせずに肌を小麦色にする方法が海外にはあるので、今回は日本はなかなか無い偽物の小麦色の肌(Fake tan)の作り方をご紹介します。

Advertisement

 

Self tanning lotion セルフ タンニング ローション

これは他の国もあるのかもしれませんが1番一般的な方法だと思います。

      

Self tanning lotionとは肌の角質のタンパク質に反応して小麦色の肌になるので、塗布してから時間が経つと肌が小麦色に少しずつ変化して行き色を塗っている訳ではないので汗なので色が落ちる事はありません。小麦の肌も少し長続きし角質がはがれるにつれて少しずつ本来の肌の色に戻って行きます。

ローションを重ね付けする事で小麦色の濃さを調節出来ますが、塗り方によってはムラになってしまう事があります。

 

Spraytan スプレーで小麦色の肌を作る!

上と同じような特殊なself tanningのものをスプレーで身体に塗ってもらう事で、上のようにムラがなく綺麗に偽物の小麦色の肌を作る事が出来ます。ちなみにこちらのサロンの情報を基にすると、20分で500krで出来るようですね。日本にはないサロンで面白いと思いました。

Spraytanhuset

 

他にも正しい方法ではないですが体質的に必要で医療用のメラニンを生成し肌を小麦色にする注射があるそうですが、それは医療用なので一般の方は出来ないのを裏でこっそり注射を受ける方法もあるとか…違法だと思いますがね。

 

以上、日本にはない海外の偽物の小麦色肌事情をご紹介させていただきました。日本にはない事なので少し驚きもありましたが、近年皮膚がんも問題視されて来ているので小麦色に焼きたいからと太陽光を浴び過ぎずに健康を害せずに小麦色の肌をゲット出来るのは画期的なのかもしれませんね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

そして応援がてらにポチっとクリックしてくださるとさらに嬉しいです><↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ