雨期が長いバンクバーっ子の必需品!? Muddy buddy

カナダのバンクーバーは雨期が10月から3月までとほぼ1年の半分なので、雨期のバンクーバーでは雨のことをいちいち気にしていたら子ども達が遊べません!今回は雨の日でもへっちゃらバンクーバーっ子の必需品Muddy Buddyについて今回ご紹介したいと思います。

 

バンクーバー雨季が長く別名レインクーバー!?

上でもご紹介した通り観光にも最適、ベストシーズンである夏が終わるとカナダのバンクーバーは長ーい雨季に入ります。その機関はほぼ半年!1年の半分は雨季と言う事になり、それを皮肉って人はraincouver(雨クーバー)と呼ぶ程です。雨季はずーと雨が続く訳でも無いのですが私がいた年は平日の5日間雨がずっと降りお休みになると晴れるという時が続いた事もありました。

海外の傘事情については書きましたが、そんな雨に慣れっこなバンクーバーの人達はちょっとの雨では傘をささずフードでしのぐ姿を多く見ます。

また冬の間雨が続きますが、そのおかげか気温が氷点下になる事も少なく朝から晩で冷え込む事が無く比較的に同じ気温で過ごし事も出来ます。逆に晴れると朝晩の冷え込みも厳しくなりますね。

 

バンクーバーの保育園では雨でも雪でも外で遊びます!

日本では雨の日は基本室内活動になりますが、年間の半分がほぼ雨期なバンクーバーで子ども達が室内で遊ぶ事はなく雨でも雪でも元気よく子どもたちは外で遊びます!

私がこれを日本でやろうとした時に先輩に注意されて閉まったのですが…雨を活かした外遊びの活動は色々あると思うのですよね!なのでカナダに来て雨の中で子どもたちが遊べるのは素敵な事だと思いました。

 

バンクーバーっ子の必需品!雨がっぱの”Muddy Buddy”

Muddy Buddyとは簡単にいえば全身を覆う雨がっぱになります。日本の一般的な上着タイプのに比べて、こちらでは雨が入りこみにくいつなぎタイプの雨がっぱが主流。もちろん幼児などの大きいクラスになると上着とズボンとセパレートのタイプが多く見られますが、乳児では気にせず遊べるつなぎタイプがオススメです!

特に乳児はこちらが主流。

 

幼児になると脱ぎ着のしやすいレインコート+レインパンツが増えますが、ズボンがサロンペット型になっていて腰からも水が入らない物の方が着替えは一手間ですが防寒面でもオススメですね!

こうして全身防水をした子ども達は外で走り回り、雨の中に座り込み砂場だってへっちゃらだし滑り台だって出来ちゃうのです!雨でも気にせず身体いっぱいで遊ぶ子どもの姿は良いですよね。

親としてもmuddy buddyは基本的に園で干しますし泥がついても乾いてから払えば簡単に落ちますし、お手入れとしても簡単なのではないかと思います。ただ着せるのには一手間かかりますが、それ以上のメリットがあるかと!

ちなみに雪の日はこれが全てスノースーツ、スノーパンツ、スノーブーツに早変わりします!

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございます!

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです><↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ