北欧ノルウェー実際の8月の気候・紫外線・服装

北欧ノルウェーのオスロは夏だとどのくらい暑いのか?旅行に来る一必見!実際に来て思ったオスロの夏である8月の気候・紫外線・服装の目安等の情報を現地からご紹介します!

着いて感じたノルウェー・オスロの街並については以前紹介しましたので良ければそちらも参考までに。ーオスロの街並の第一印象

今回の天候の情報と合わせて、旅行に来られる際にでも少しでも参考になれば嬉しいです。

 

ノルウェー・オスロの8月 夏の気候・紫外線・服装の目安を大公開!

涼しい北欧とは言え夏真っ盛りである8月ですし、まだまだ夏だろうという気分でやって来ました。さて実際夏であるノルウェー・オスロの8月の気候はどのようなのでしょうか?

 

意外に涼しい8月のオスロの気候

正直思った以上に寒いです!

教えてもらったのですがオスロでは7月が1番暑く日が暮れるのも遅くいわゆる日が長く白夜に近くなるそうです。しかし8月は少しずつ日が短くなり始め気温が少しずつ下がって行くという事でした。

日の長さ的には9時くらいまで明るい様子で日が長い分長く観光できますし、白夜まで行かないのでリズムが狂って体調が崩れる事もないので良いと思います。

最高気温:20度前後

最低気温:10度前後

気温だけ見ると日本の10月の気温と同じくらいになります。日差しがあると暑く感じます。羽織物さえあれば暑すぎないので外にずっといたいくらいです:)

 

北欧ノルウェー・オスロの紫外線は体感的に強い!?

ただ日本に比べて日差しが強く感じ日差しの下にいると体感気温は実際の気温より高いです。

また紫外線も強く刺さって来る感じがするので…北欧なので紫外線の数値的には低い事に油断して日焼け止めを塗ってなかったら実際に焼けました!笑

なので紫外線数値を当てにせず女性は日焼け止めをしっかり塗る事を私はお勧めします!

Advertisement

何気に雨が多い8月のオスロ

実際に今日もこれから雨が降るようですし、

カラッと晴れる日もあればお天気雨降ったり夕立のようにザーっと降る事も。ただ1日中ずーっと雨というのはあまり無いので“折り畳み傘”があると便利だと思います。

 

オスロでの8月の服装の目安

正直、日差しがあると暑く感じるので半袖でも行けます。

現にコッチの人はまだ半袖着てますし。タンクトップの人も見かけました…外国の人って薄着ですよね 笑

ただ日本の暑い夏から来た私にとっては基本薄い長袖で過ごす感じになりそうです。

特に日陰はいると涼しいのと夜は10度近くまで冷え込むのでジャケットは手放せません。日中はまだ暖かいので来てなくても、荷物に羽織ものを忍ばせてないと後悔しますよ!

なので上着では無くても女性はストール1つあると調節が出来るの助かると思います。

こっちの人はあまりしないのか今の所は街中でストールをしてる人は見ませんが…

 

服装の目安としては、

晴れの場合:半袖+薄手のジャケット(春用)又は長袖(鞄の中にストール)

曇りの場合:半袖+ジャケット(秋用)orセーター (鞄にストール)

雨の場合:長袖+ジャケット(秋用)+ストール

 

湿気の無さもあって暑くても本当カラッとしてます。今の所は感想による肌のダメージはなさそうですが今後気をつけて行かないと行けないと思います…切実

今回思ったのが当たり前ですが以前暮らしていたバンクーバーとは違いますね。

 

これからノルウェーに来る人・旅行に来る方へ。持ってくる洋服等の少しでも参考になると嬉しいです!

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございます!

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです><↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ