ノルウェー1年間のワーホリお金はいくらかかるか?収支の結果を大公開!

物価の高い北欧ノルウェーで1年間ワーホリをしたらお金がいくらかかって、いくら稼げるのか検証したこのシリーズ。今回は実際に1年間でいくらお金が動いたのか私のノルウェーの1年間の収支を公開したいと思います。

 

物価の高いノルウェーでワーホリ果たして生活出来るのか?行くにあたっていくらぐらいお金を貯めて行った方が良いのか?そんな疑問に思っている方の少しでも参考になれば嬉しいです!また他の国で海外生活を送っている方や海外生活に興味がある方のノルウェーの生活費がどんな物なのか少しでもイメージが湧けば幸いです。

ちなみにこれはあくまで私の1例に過ぎませんので、人によってお金の使い方は違いますので、ほんの参考程度にご覧下さい!

 

ノルウェーのワーホリ生活の1年間の収支を大公開!

ちなみに1年間の総括をする前に7・8月は収支の報告が出来なかったので簡単にご紹介します。以下を見ていただくと分かる通りバックパッカーの旅に出ていた為8月の収支はかなり少なくなっています。旅にかかった旅費は別枠にご紹介出来たらと思いますので、この1年間の収支には旅費を含めていません。

7月の収支     14447kr

7月の支出内訳 9064kr

  • 住宅費                     5373kr
  • 食費                           3050kr
  • 交通費                         541kr
  • 生活用品費               0kr
  • ケータイ費                     100kr
  • 雑費           0kr

7月の収入 23511kr

 

8月の支出     20349kr

8月の支出内訳 1606kr

  • 住宅費                        0kr
  • 食費                           1321kr
  • 交通費                         275kr
  • 生活用品費              10kr
  • ケータイ費                       0kr
  • 雑費           0kr

8月の収入 21955kr

さて以上が最後の2月の収支になります。さて実際ノルウェー1年間の収支の総括をして行きます!!以下が月ごとの収支の結果です。

*ちなみに詳しい収支内容が気になる方は以下の月ごとの記事からチェックしてみてください

Advertisement

ノルウェーのワーホリの1年間の結果は…93,836kr(約122万)

渡航後に1月以内に仕事を見つけて働き2ヶ月間サマージョブをして追加収入を得た結果…物価の高いと言われる北欧のノルウェーで93,836kr(日本円にすると現在のレートで約122万円)貯金する事が出来ました!もちろんこれは旅費を含んでいませんので、私はヨーロッパ内を旅行したため現在はこの金額より少ない貯金額になっていますが、それでも黒字な事にはかわりありません。

ちなみにノルウェーのワーホリ準備費の合計が 132,618円だったため、これを差し引いた最終的なノルウェーのワーホリの収支金額は日本円で約108万の黒字になります!物価が高い=お給料の平均も高いので、仕事ができれば人にもよりますが貯金が出来るのでは無いでしょうか?

ノルウェーにワーホリに来る前にいくらお金があれば良いのか?

ノルウェーのワーホリ後に貯金が出来る事は上で紹介しましたが、さてノルウェーのワーホリに行く上でいくらお金が必要なのでしょうか?私の実際の収支を元に考えてみあました。ちなみにノルウェーに渡航後にお給料をもらうまでに終えなくては行けない手続きがありまして、結果手元にお金が来るまで3ヶ月ほどかかりました。

ノルウェーのワーホリ準備費が約13万

ノルウェー3ヶ月分の生活費が約30万

なので約43万円の出費が最初に必要になりました。なので後々は返ってきますが、渡航の準備費やお給料が入って来るまでのノルウェーの滞在費をまかなう為に最初に50万円程の貯金があった方が良いと思います。

 

最後に

ノルウェーのワーホリ1年間の収支を公開させていただきました。いかがでしょうか?

私の1例ではありますがノルウェーのワーホリ初期投資として約43万、ただノルウェーで稼いだ金額が約151万で結果手元に残ったのが約108万円になりました。私は1個目2個目のお仕事共に賄いや余り物を含めて食費が余りかからなかった為、一般的には食費がもっとかかってしまうのでお給料にもよりますが貯金は減ってしまうかもしれません。また買い物や飲みに行くのが好きな方はもっと出費が嵩むかと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

そして応援がてらにポチっとクリックしてくださるとさらに嬉しいです><↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ