ワーホリ後少しでも長く滞在したい方へ!カナダ観光ビザへの書き換え方法

カナダの1年間のワーキングホリデー後、少しでも長く滞在したいとカナダ国内から観光ビザに書き換える方法を今回ご紹介します!

せっかく働けるワーホリ期間いっぱい働いて、その後にのんびり旅行したい!って思う方も少なくないのでは思います。かという私の友だち達も滞在を延ばすためにカナダ国内から観光ビザを申請した事がありました。

今回は手伝った観光ビザの申請についてご紹介したいと思います!また他にもビザ関連の記事がありますので参考までに。

 

カナダ国内から観光ビザ申請の方法

実はこの方法はエージェントなんて要らないくらい簡単です!

まず参考にするのがカナダ政府のCICというサイト。

複雑ではないのでこちらのサイトを見れば必要な事は分かりますし、申し込みの仕方や必要な書類についても全て丁寧に説明してくれています!

 

カナダ国内から観光ビザ申請時の注意事項1

そして、こちらにも注意書きとして書かれていますが、一応申し込みは90日前に行ないましょう!

ただ90日を過ぎた後でも実は申し込めますが…書類の不備等で却下された場合など不測の事態を考えて出来れば早めに申請するのがおすすめです。

 

カナダ国内から観光ビザ申請時の注意事項2

次にもしかしたらあり得る持っていたビザがきれてしまった時の対処法をご紹介します。

新しいビザが来る前に現在持っているビザが切れてし待った場合…

これは実は焦らなくても大丈夫で、ビザが切れる前に新しいビザに申し込みを済ませておくと”Implied status“と言って、申し込んだビザの結果が来るまで合法的にカナダ国内に滞在出来るのです。

さらに”気づいたらビザ切れてた…”という1度ビザが切れてしまった場合…

“Restoration”と言って90日以内ならビザを復旧する事が出来ます。その場合、ステータスを復活させる手数料として$100多めに支払いをしなければなりませんが。

ただステータスとしてビザ切れが記録に残ってしまう可能性もあるので、くれぐれもビザが切れてしまわないよう気をつけましょう!

 

カナダ国内から観光ビザ申請時に必要な書類

  • 申し込み用紙(CICのHPからダウンロード)
  • パスポートのコピー(顔写真のページ、スタンプやビザのあるページ全て)
  • 銀行の過去4ヶ月分の残高証明
  • 顔写真
  • 何故滞在したいかの説明の手紙
  • 申し込み費$100(郵送で申し込む場合はさらに、書類のチェックリスト、申し込み費の支払い領収書)

 

これらを準備しオンライン又は郵送で申し込む。

以上がカナダ国内から観光ビザに切り替えるための申請方法となります。とても簡単ですよね!

 

カナダ国内から観光ビザの申請期間

ちなみに何日かかるかはCICのHPで確認出来ます。

例)私の友人が申し込んだ時は、オンライン35日 郵送115日かかる予想でした。

結果は40日程で郵送で観光ビザが来たらしく、残りたい期間を5ヶ月にしていたのですが申請通り5ヶ月有効のものでした。

ちなみに、この申請が期間については十分な資金があるかどうかが重要で、資金が少ないと希望期間より少なくビザが降りる事もあるそうです。

 

カナダに長く滞在したい場合は最長2年可!?

まず英語を話せるようになる為に語学学校に行きたい場合は半年以内なら観光ビザで滞在しながら英語を勉強出来ます。(半年以上なら学生ビザを申請する)この時点でワーホリのビザ申請をしておく!

その後ワーホリの申請が通り、仕事を探す準備が整ったらワーキングホリデーに切り替える!

*私がワーキングホリデーを使用した時は申請した人は皆ビザを貰えましたが、現在は抽選方式なので現地からビザを申請するのは少し賭けにしまうかも知れません。

そしてワーキングホリデーでしっかり1ヶ月働いた後、その貯蓄を使って上で紹介したように観光ビザに切り替えてカナダ国内外をたっぷり旅行する事が出来ます!

 

皆さまもワーホリ後も長く滞在したい場合、こちらの方法のようにビザを切り替える事が可能なので良かったら参考にしてみてください。

 

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございます!

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです><↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ