ドイツの街を下見した結果、ワーホリ滞在を決定!

以前ノルウェーを離れる前に旅をした事をお話ししましたが、

そして前回の記事でドイツのどの街にいこうか街ごとの特色を踏まえて考えていましたが何を隠そうドイツの下見をしていた訳です!今回回ったのは3つの候補地、さて実際に目で見てどう感じたのか街の様子をご紹介します

 

 

ドイツの街を下見してみた結果。

さて下見がてらにドイツの3つの街を周遊してみました。回ったのはミュンヘン→ベルリン→ハンブルグという順番。何故この3つにしたかというと、ドイツの街の規模でいうと第1〜3位だったので単純に人口が多い分仕事を見つけられるチャンスも多いのではっと思ったからです。

ベルリン

さすがドイツの首都1番規模が大きい。仕事の求人も多い。エリアによって雰囲気が違うが、他の街に比べてエンターテイメントもあり楽しみもありそう。

英語がかなり通じる!英語を使って仕事が出来そうなので、他の街寄りは仕事が見つかりやすそうなので仕事の事だけを考えたらここ!ただ英語を使ってしまいノルウェーみたいにドイツ語は伸びなさそう…

ハンブルグ

少し横浜な雰囲気がある。街の規模はそこまで大きくない。

人によっては英語が苦手で話したがらないホテルの受付の人がドイツ語のみで対応された、なので仕事するにはドイツ語は必須!その分ハンブルグに住めばドイツ語は伸びそう!

ミュンヘン

中心部は観光地とあって賑わい可愛い歴史ある建物たち。規模は大きくないので少し中心部を離れると自然豊かな住宅地が広がる。

観光客向けなら英語でも仕事は探せるかも?ドイツ語にすごいクセがあるようなので、ドイツ語を学ぶのには余り向かない?

インターナショナルな保育園の求人が多い!

 

以上が旅がてらに下見した街の雰囲気や私が感じた街ごとの様子になります。さて次にこの中でどの街でワーホリに挑戦してみるかですが・・・

Advertisement

ミュンヘンでワーホリをすることを決定!

色々考えてみた結果、ドイツの南に位置するミュンヘンで3回目のワーキングホリデーをする事に決めました!

どの街も良い所があって迷ったのですが、決め手となったのはやはり…

自分がやりたい保育の求人が多かった

っと言う理由に尽きます。これは時期的な物かもしれませんが、とりあえず求人があると言う事はドイツ語を出来るだけ早くマスターすれば可能性としては少しは保育園のアシスタントとして働けるかもしれない!っと思ったからです。

これなら下見しなくてもいいのでは、っと思ったかもしれませんがそれ以外にも小さい理由はいくつか…

  • 街の小ささと言いますか”ドイツ”というイメージな街の可愛さに惹かれた
  • 日本に帰る用事があるため直行便がある所が良かった
  • 前回の2カ国とも海に面してる街に住んでいたので、内陸に挑戦してみたかった

と言った理由などもあります。

そして今回周遊して分かったのすが、スーツケースをもって街間を移動するのはそこまで大変ではない!なので今回はあくまでミュンヘンからワーホリを初めて仕事が見つからなさそうなら、次にベルリンに移動してもいいのでは?っと思ったからです!

なのでミュンヘンに戻ってワーキングホリデーを始める前に、仮宿は1週間しか予約していないので早速移動中の時間も使ってお家探しから始めて行きたいと思います!

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございます!

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ