ドイツ・ミュンヘンの住民登録の方法&待たず並ばずに手続きする裏技!

ドイツに3ヶ月以上滞在する場合は住民登録をする必要があります。住む地域によって住民登録に必要な書式等は違うので、滞在する街によってホームページをチェックする必要があります。

今回は私が滞在するミュンヘンで住民登録に必要な書類・方法そして申請を行なう時に長時間待つのが普通なのですが、それを潜り抜ける長時間待つ必要の無いミュンヘンの住民登録時の裏技をご紹介したいと思います!

 

ドイツ・ミュンへンの住民登録方法

住民登録はドイツ語でAnmeldungといい、この住民登録ですが入国後2週間以内に行なうように書かれていますが、私自体1ヶ月経っていても大丈夫でした。住民登録自体は難しいものではないのですが、登録するにあたり必要な書類を集める必要があります。

ミュンヘンで住民登録に必須な書類の手に入れ方

住民登録を行なう時に必要な物として”賃貸証明=Mietvertrag”があります。そしてこれが住民登録を行なう上で1番厄介なもので、家を探す時にこの書類が貰える場所かしっかり確認しなくてはなりません。

またOkだというシェアハウスを見つけた際にもオーナーから賃貸の契約書をしっかり貰える場合はソチラを持参すればいいのですが、そうでない場合は自分でフォーマットを用意し住居を証明する書類にサインを頂く必要があるからです。なので今回は私が実際に使用した賃貸の契約証に使用したフォーマットをご紹介します。

私がチェックしたのはこちらのHP

こちらに住民登録の方法そして必要な書類についても書かれていました。住民登録に必要な書類&そのフォーマットは以下の3つになります。

  • 住民登録の申請用紙(住民局でも頂けるようですが、英語訳がついていたのでこちらをダウンロードして予め記入して持ってい行く事にしました。ダウンロードはこちら。)
  • 住居の証明書 ダウンロードはこちら
  • パスポート

私の場合はこの上の住居の証明書オーナーに見せて書いていただき、書類はは滞在先のホステルでプリントアウトしていただきました。わざわざ印刷出来るところを探すのもアレだったので、レセプションに聞いたところ快く印刷していただき本当に感謝です!

Advertisement

ミュンヘンの住民登録の申請方法場所

ちなみに住民登録は住民局で行なえるのですが、住民局はドイツ語でEinwohnermeldeasmt, Bürgerbüroと言います。ミュンヘンの住民局はビザ申請を行なう外人局と同じ建物に入っています。

そしてこの住民登録は人が沢山にいるので長時間待つことで有名です!2時間以上は平気で待ったり、朝1番に営業時間前から並んで早い整理券番号をとる為に頑張らなくてはなりません。

ちなみに事前に予約する事も出来るので、住民局に出向き予約する事もオススメします。

ちなみに営業時間がフレキシブルなのでご注意ください。

  • 月曜・水曜・金曜 7:30〜12:00
  • 火曜 8:30〜12:00 14:00〜18:00
  • 木曜 8:30〜15:00

ミュンヘンの住民登録を行なう上での裏技!?

上で2時間以上待って申請を行なったり、事前に予約をしても予約が先までとれなかったりもします。そんな長時間住民局で待ち続けたくない方必見!実際に私が行なったちょっとした裏技をご紹介します!

上で住民登録を行なえる場所としてKVRを紹介しましたが、住民登録は何もこの場所だけでなく他にも5カ所の場所で行なえるのです!その詳しい場所に着いてはこちらをチェックしてみてください。

そして住んでいる地区によってここ!とは明言されて無く”貴方にとって便利なロケーションを選んでもいですよー”見たいな事が書かれている事から、他の住民局での申請も可能になる訳です。

実際に私が住民登録に行きたいと思った時も既に9時過ぎでKVRでは何時間待たされるのか考えるのが怖い状況だった為、この方法で違う住民局で手続きを行なう事を決めました。

この時私が利用したのが中心部から電車で15分かからないくらいにあるPasingという場所の住民局になります。

住民登録を申請出来るのがこの建物になります。私が住民局を訪れたのが結局11時は過ぎており、中には待っている人がいっぱいいました。受付の方に”住民登録をしたい”と伝えると予約がとれるとの事だったので候補の時間から14:30の時間に予約し再びその時間戻って来る事に。

結果待たないと行けない!っと思うかもしれませんが、整理券をとって自分の番号が呼ばれるまで待ち続けるのと予約時間に戻って来るのは違うと思います。予約もその日のうちに取れるのも有り難いと思いました。

なので今日中に住民登録を終えたいと言う方がいましたら、こんな方法も1つの手ですので良ければ試してみてください。

手続き中の話はまた今度お話出来ればと思います。

 

最後まで読んでいただき有り難うございました。

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ