ドイツ・ミュンヘンでの大学病院入院費の結果発表

以前のドイツのミュンヘンで緊急入院をした記事で、退院時に緊急時のドイツの保険適応が認められた話をさせて頂きました。。

今回はそんな緊急事態だったためドイツの保険を使用させていただきましたがその結果実際にかかった入院費をシェアしたいと思います

 

緊急時はドイツの保険で費用をカバーしてくれる?

これについて調べてみたのですが、日本語と英語で調べた物も特に情報はありませんでした。どういう状況で今回の制度が適応になるかは知りませんが、支払いをしていない保険でカバーしていただく事に心苦しく思う共に、正直に自己負担で全額支払う事にならなくて助かったという気持ちも大きいです。

私なりに今回の状況をまとめて見たのですが…

  • 原因菌の特定に迅速な対応が必要で、失明している可能性が高かった
  • 私の保険が自己負担で支払いを行ない、その後払い戻しされるタイプのものだった
  • 自己負担するにも今回使ったカードのノルウェーの銀行口座には限られて金額しか無く、支払い出来ない可能性がある事を事前い伝えていた

この3つのどれかの理由か又は全てが重なり、今回の緊急時のドイツ保険の適応が起こったのかもしれません。

何はともかく外国人まで救ってくださるドイツの保険のシステムに頭が上がらないですね。

 

実際に保険なしで緊急時のドイツ保険が適用された6日間の入院費はいくらなのか?

ちなみに法的健康保険に入っている場合は入院しても一日に€10しかかからないそうです。さすがに保険料を払ってない外国人にはその制度は使われないとおもいますがね…

€4100を事前にデポジットとして支払った物も入院費が計算された後にデポジットマネーより実際の入院費が低かった場合、払い戻しがあるそうです。

実際にフラットにインボイスが来ていたのでチェックしてみようと思います…

Advertisement

ん!?

保険なんて適応されておらず100%で請求されているではありませんか?

支払いないかもっと泣きついてしまった私も私ですが…

入院時に保険問題を話し入院しても支払う能力がない事を伝えると、それはドイツの緊急時の保険を使用すれば大丈夫だと言われ”とりあえず、今は支払いの事は忘れて直す事に専念するよう”言われて、支払いについては不明虜な点があるため確認する必要がありますが、とりあえず一安心してもいいのかな?っと思ったものです。

結果的に最終日に、会計の方から説明をされ保険を使用出来るっと理解したと思ったもですが違ったのでしょうか?私の英語力が悪かったのか?

 

保険が効かない状態のでのミュンヘンで6日間の入院費は?

タイトル修正しまして、保険が適応されていない状態の100%の入院費をご紹介したいと思います。

その金額は€3125.76

もちろん入院費だけでなく緊急外来の受診費など諸々の費用も含まれた総額になります。

保険が利かない又は最初実費で支払わないと行けない人がいましたら、緊急時の外来受診+入院費で以上の費用がかかるとおもって下さい。

緊急時のドイツ保険の適応が一体何だったのか正直分かりませんが、保険無しの100%の医療費請求で日本円で約41万円

とりあえず保険の払い戻しの手続きを行ないたいと思います。

ドイツの保険で1日10ユーロと聞くと、やはりかなり高く感じますがカナダやアメリカが保険無しの入院が100万ほどかかるのに比べるとドイツの入院費は安くは感じますがね。

必要な書類を貰いに病院にもう1度行きたいと思います。

何%が適応されていくら返って来るのかは、気になる方がいらっしゃいましたら分かり次第シェアさせていただこうかと。

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございました。

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ