ミュンヘン生活1ヶ月経過。強制帰国?ミュンヘン滞在?

ミュンヘン生活も31日目。早いもので1ヶ月たってしましました。

気づけばミュンヘンも11月で秋ですね。

 

たった1月然れども1月。ミュンヘンに来てから色々あった気になっています。

このミュンヘンの1ヶ月間にあった出来事と言えば…

ミュンヘンに来ると決めて、

ミュンヘンでのフラットを決めて、

住民登録をしようと意気込んだとともに、

目の激痛にドイツの救急外来に行き、

失明の危機に人生初の入院生活をミュンヘンの病院で送り、

退院しても視界は絶不調なので自宅療養生活を余儀なくされる…

っと私的にはかなり濃ゆいミュンヘンの1ヶ月間でした。

 

ミュンヘン生活1月目を終えて…やはり強制帰国か?

目の状況ですが…確かに少しずつは良くなっているのですが、日常生活がやっとのことっと言う感じでとても働けたり、語学学校に行くのでさえ厳しい状況です。

そして痛手の入院費。ドイツの保険が対応されると言われぬか喜びした物も、しっかり100%の医療費が請求されてワーホリ資金としてノルウェーワーホリ時代の貯蓄も半分以下になってしまいました。

当初に考えていたドイツのワーホリ計画ては3ヶ月後学学校に行く予定でしたが、とてもじゃないですが語学学校の学費は捻出出来そうにありません。まさに語学学校費用が6日間の入院で飛んでしまったので…

視界が戻らないという怖い状況+働けない状況+ワーホリ資金が半分以下しか残ってないと言う状況を合わせると強制帰国が妥当かなっと思います。

 

目も見えないし働けないしのにお金は無く減って行く一方なので。

単純に日本に帰国した方が良いのは明白だし、私も心の中で後1ヶ月の家賃は支払ちゃってるし今出たらデポジットも戻って来ないしっと心で言い訳を言っては見るものも何が正しい選択なのかは分かっています。

 

そう分かってはいるのですが…

お金も死後も出来ず外国であるドイツのミュンヘンで一体何が出来るのか、自宅療養を余儀なくされて引きこもっているのでドイツを堪能出来てる訳ではないのに…

でも、やはりこのまま日本に帰国するなんて悔しい!

ミュンヘンにわざわざ病気になりに来たようなもんですし、大量のお金を落とすだけ落とし、しっぽを巻いて帰国するなんて。

元来、負けず嫌いな性格と意地っ張りな性格が災いし…何も得ないで帰国していいのか?せっかく来たのだから何か吸収するだけ少しでもいいから何か学んでから帰りたい!っと正しい選択をねじ曲げてでも、ミュンヘンで何かをしたいっと思っている私がいるのも正直な所です。

なので決めました!

Advertisement

ドイツにあと2ヶ月は残る事にします!

正確には1ヶ月と3週間なのですが、私の観光ビザが有効で滞在出来る期間いっぱいはミュンヘンに残る事にします。

その間に目の経過が良好に向きそうならドイツに残ろうと思います。

なのでドイツのワーキングホリデーについては現地で申請するかは準備だけはしておいて保留とし置いておく予定です。

お金はこの期間内ならノルウェーの貯蓄でまかなえると思うので、ノルウェーの貯蓄はあくまでもドイツのワーホリ用の予算だったので今回の滞在で使い切ってしまってもいいっと判断しました。

この2ヶ月未満のうちに私の視界が少しでも戻る事を願うと供に、片目でもボランティアくらいなら出来るのではっとも考えているので片目での生活でも問題なく日常生活を送れるようになったら、当初の目的である海外保育に少しでも触れる為の行動に移って行けたらと思います!

ワーホリにこだわらなくても何か最低限学べたら私も納得して帰国出来ると思いますので、今後のプランはまだまだ未定ですが外に出掛けられるようになりましたら皆さまに少しでも有益な情報がお届け出来たらっと考えています。

個人的なお話になりましたが最後までお付き合いくださり有り難うございました。

 

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ