ミュンヘン療養生活は2〜3ヶ月に延長!ドイツのプラン変更します!

ミュンヘン生活38日目。

1週間前に今後について書かせていただきましたが、

この間新しいDrチェックを受けまして今後のプランをやはり見直さないと行けないなっと思い少し考える事にしました。

私のドイツのワーキングホリデープランの変貌

ワーキングホリデーとは期間が限られていて、イギリス以外は1年間しか無くあっという間に時間も過ぎてしまいます。なので誰しも少しはワーホリ間のプランを考えるのではないでしょうか?

フレキシブルなプランになるとはお思いますがね。あくまで予定は未定と言いますし人生何が起こるか分かりませんので、…今回こそこの言葉が身にしみた事はありません。

ドイツのワーホリを決めた時の当初のプラン

始めの3ヶ月は観光ビザで語学学校にいき、その後ワーホリ申請を行い1年間の計15ヶ月ドイツに滞在する。

予算はノルウェー時代の貯蓄の€7000を使用

しかし失明の危機による緊急入院後プランを変更。

働けない事&視力が戻るか分からない事からとりあえず観光ビザが切れるいっぱい年末年始あたりまでは滞在。

そのあいだ治療の進行具合によって帰国またはワーホリ申請を決断する。

予算は入院費で大幅に削られてしましい€1500でやりくりせざる得ない。

 

人生何が起こるか分からない!ドイツ生活の新しいプラン!

そしてこの間新しいドクターに完治には2−3ヶ月は必要と診断され、上で挙げていた年始までの期間ではまだまだ治療の真っ最中で目は治らないと言う事。

そして予算は変わらず€1500しかないと言う事。

以上の事から後2−3ヶ月後に治療を終えて、その後にドイツの保育園を見学するにしても時間も予算もありません!

と言う事で日本に帰ります!

Advertisement

・・・とならないのが私なんですよね。笑

と言う事でビザの延長&お金を手に入れる為にワーキングホリデービザを申請する事にしました!

・・・なぜそっちに行ったっと思う方もいるかもしれませんが、私にとっては1つ乃案としてあったものです。

ワーキングホリデーを有効的に使いたい!せっかくとるなら1年丸ごと働きたい!っと思っていたのですが、別に目的は1年間働くではなくドイツの保育を学ぶことなので1年間使う事を考えなくてもいいのかもしれません。

ワーキングホリデービザを贅沢使いする事にしました。人生に1度しか使えないドイツのワーキングホリデーですが、今の時間がたっぷりある療養期間中に手続き系を全て終えてしまおうと思います。

とりあえず手続きの為に必要な書類集めから初めて行きたいです。

 

せっかくドイツに来たのにっと意地になってしまっているのは否めませんがね。やらないで後悔するよりやって後悔したいので。どうかしばしお付き合いいただけると嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき有り難うございました。

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ