ドイツ・ミュンヘンでは拘らなければ仕事は簡単に見つかる!?

実はドイツ・ミュンヘンで仕事探しをしてその日に仕事が決まりました!

リハビリも兼ねているのでミニジョブではありますが、とりあえずの収入が欲しかった&視界が良好に戻るまでは短期でこのミニジョブをしようと思います。

今回私が仕事探しをして思ったのが、仕事を探すのは以前いた北欧のノルウェーに比べたら難しくないのかなっというものでした。

私の場合は…

  • 英語で仕事ができる
  • ミニジョブ

この2点だったので飲食店に仕事探してますのアピールをした所、ミニジョブならっと快く仕事を頂けました。もしかしたらミニジョブ以上に働きたいといったら仕事探しの難しさも少し違うのかもしれませんね。

 

ミュンヘンは仕事にこだわらな得れば仕事はすぐ見つかる!

ワーホリの鉄板ではありますが、英語又はドイツ語が少しでも喋れる方は飲食店のキッチン等の仕事はスタッフとコミュニケーションが取れればいいので高い語学力を求められないので見つけやすいです。

ちなみに私はEnglish speaking Jobs in MunichというFacebookのグループに載っていた求人に応募しました。ここにはドイツ語が出来なくても英語が出来れば働ける求人が載せられています。私のようにミニジョブの掲載だけでなく、専門的なフルタイムの求人も乗っているので自分の専門分野の求人に応募する事も出来すのです。

私の場合は幼児教育になりますが、過去の掲載を見ると幼児教育の求人もあるにはあったのですが英語のネイティヴスピーカーと書かれており中々難しいそうな印象を受けました…。

また語学力に自身が無い方は特にジャパレス等はMixBにも求人を良く載せているので、中には語学力不要と書かれているものもあり言葉が喋れなくても簡単に仕事が見つかると思います。

もちろんドイツ語を使って飲食関係外の専門的な仕事となるとそうはいかないかもしれませんが、ミュンヘンでは仕事自体にこだわらなければ仕事を見つける事自体は難しくないのかなっという印象でした。

Advertisement

 ドイツでは専門的な仕事に就きたい場合は語学テストの結果が必須!?

外国で仕事をする場合は日系の企業の場合をのぞき、語学力を求められるのが必須でしょう。

もちろんドイツなのでドイツ語が出来れる事に越した事はありませんが、英語のみで仕事を探すとなると限られるかもしれませんが見つかります。

ミュンヘンにはインターナショナルな会社もあるのでビジネスレベルの英語が使える人は英語のみでも仕事が見つかるかもしれません。

またはその時に相手にどのくらい語学力があるのか証明するのに使われるのが、CEFRになります。そのテストでC1を持っているとドイツ人にも認識してもらえるので英語での仕事も得られると思いますよ。

またドイツ語で仕事を見つけたい場合のC1やB2を持っている事を求められる事あります。

なので仕事をしたい場合は上記の語学の資格があると、履歴書にもかけますし語学力という第一関門を突破しやすいです。

 

ドイツのミニジョブは雇う側も雇われる側もいい?

以前の記事でも書かせていただきましたが、ドイツでは雇用形態がフルタイムやパートタイム以外にミニジョブと言う者があります。

給料に応じて支払うドイツの税金は高いです。その上で雇用主も雇われる側も税金を支払う義務が無く働けるのが450ユーロまで働けるミニジョブという仕事になります。

これは勤務時間も時給も変わりなく450ユーロまで月に稼げる事になりますので、生活をする上ではミニジョブだけだけでは賄えず貯金を切り崩さないといけないでしょう。

なのでミニジョブ自体で生活する事は出来ませんんが、私のように沢山働けなく事が出来ない状況例えば語学学校に行かないといけない等そういう理由がある人はミニジョブを片手間にしても良いのかもしれません。

 

とりあえずはミュンヘンのワーホリ生活残り354日

貯蓄は残り変わらず20ユーロ

さて他の貯金からお金を回してくるしかなさそうです…笑

 

最後まで読んでいただき有り難うございました。

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ