ドイツ・バイエルン料理を楽しむならビアホールAugustiner-Kellerがオススメ!

食は大事ですよね?

私はお金がないとは言え食はしっかり楽しむ主義です。

とは言え今回g紹介するのは、去年行ったのお店になりますがドイツのバイエル地方の料理が楽しめるビアホールに行ったので、そのお店をご紹介したいと思います。

バイエルン料理が楽しめるビアホールAugustiner-Kellerがおすすめ!

ミュンヘンはドイツの南に位置するバイエルン州に属しているのですが、ここバイエルン州はドイツ国内の中でもオクトーバーフェスを始め独自の文化を築いています。

そんなバイエルン地方にはひと味違ったドイツの料理も楽しめるのです。

バイエルンと言えばビール!そんなビールを楽しみながらも、バイエルン地方の料理も楽しめるオススメのビアホールについて今回はご紹介します!

オススメなミュンヘンのビアホールAugustiner-Keller

中心部にも有名なビアホールのホフブロイハウスがありますが…

今回ご紹介するのは長距離バスがとまるバスターミナルZOBがあるミュンヘン中央駅から一駅行ったハッカーブルッゲという駅に近いビアホールAugustiner-Kellerです。

こちらはオクトーバーフェストや夏場はビアガーデンとしても楽しめますが、ビアホール内も広々としていて席数も多く予約もHPから出来ますが時期がハイシーズンでなければ予約無しでも座る事が出来ます。

ちなみに試したのはこちらのバイエルン料理たちです。

シュヴァイネハクセ Schweinehaxe

豪快に豚の骨付きすね肉を丸焼きにしたこちらは、一言で言えば肉々しくお肉好きには堪らない一品。

塩味以外はとくに味付けしてないのでソースと一緒に頂きますが、中はジューシー外の脂身がカリカリです。

少しどうやって食べようか悩んでしまう一品ではありますが、見た目のは迫力につい一緒に写真を撮りたくなってしまうバイエルンの素材勝負の豪快料理!

ただ中々ヘビーな一品なので女子が一人で食べるには厳しいものになります。笑

Knödel

ちなみに上の写真のお肉の横にあるの丸い団子みたいなのも、ポテトのダンプリンもドイツ料理の一つなので是非一緒に味わってみてください。

触感的に好き嫌いがあるようですが、餅が好きな日本人には馴染みのある触感だと思います。ただジャガイモの中からパンのかけらが出て来た時は何故炭水化物の中から更に炭水化物…と少し止まってしまいましたがねw

Spätzle

更にはというSpätzleヌードルもバイエルン料理の一つ。

ちなみに卵の麺の一種になりますが、味はソースのせいもありますが…マカロニチーズと行った感じでしょうか?笑

気になる方はこちらも試してみてもいいかもしれませんが、私的には特にスペシャル感が少ないと思うので他のを試して主食として一品欲しい場合は頼んでもいいかもっという具合です。

更にオススメなのはドイツの…

Advertisement

ドイツのデザートもオススメ!

こちらのApfelstrudelリンゴのはオーストリアでもデザートですが、リンゴパイといえばいいのでしょうか?パイ生地で包まれた中にリンゴがギッシリ入っており、それにカスタードソースをかけて食べます!

次にご紹介するのはDampfnudelという名のデザートです。因に簡単に言えば蒸しパンで、これに暖かいカスタードソースかけていただきます。蒸しパンの生地がソースを吸って、ふわふわトロットとの触感になるのも堪りません!ただ私の好みではありますがね…

ただ優しい触感+味なのでお子様にもお勧めかもしれません。

 

以上が簡単でありますが、オススメのビアホールAugustiner-Kellerで食べられるバイエルン料理の紹介になります。

バイエルン料理やビールそしてビアホールの雰囲気を楽しみたい方は是非行ってみてください!

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございました。良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ