面接2回目 実際の質問内容とは?

昨夜来ないと思っていた所から夕方に連絡がありました!

明日朝の9:30に来れる?って、はいもちろんですとも!

 

今回はノルウェーでの面接2回目

という事で朝から面接へ。

ついた所はレジメ渡したレストランではなく彼のオフィス。

着いた所で私の前の人の面接が終わってないから少し待ってとの事。昨日の悪夢を思い出しました。ここも応募した人が沢山いたのか…と始まる前から少し意気消沈。

しかも、その面接が全く終わる様子を見せず待合室のソファに、借りて来た猫のごとくむしろマネキンのように座り続ける事30分以上…

ようやく前の面接が終わり私の番がやって来ました!

実際に面接で聞かれる内容とは?

  • 昨日と同じようにアバウトユアセルフ
  • 職歴の詳細 それぞれの全職場でどんな事をしていたのか
  • ノルウェーでは何をしているのか
  • ノルウェー語のレベルはどの程度か
  • 長所と短所
  • 応募した会社について聞いたこと・知っていること
  • あなたは私たちに何ができますか
  • この仕事で大切な事は
  • どのくらい働けるのか
  • お酒の知識はあるのか
  • 給料はどのくらいが良いか


確認事項。

こういう仕事だけど大丈夫?や社のルールなど。この会社の場合は、もうマークシートになっていました。

それを向こうが賛成かどうか答えて欲しいと言われる。

  • キャッシャー、サーバー、キッチン全ての、タスクを担う事になるけど大丈夫か
  • シフトはフレキシブル、時々空いてたら早く帰るし、オーバータイムもある
  • I.Dを必ず持ち歩く事。政府が見回りするらしく持ってなかった場合は罰金が科されるので、その場合支払うこと。
  • タイムカードの押し忘れは給料発生しない
  • セキュリティカメラに撮られるけど大丈夫か
  • もしレストランで非常事態、喧嘩、強盗など対処できるか
  • 食物アレルギーはないか
  • 犯罪歴はないか
  • バケーションの場合申請は早めにすること
  • セキュリティが抜き打ちで見回りにきます
  • 店のものは盗むな
  • ケータイ使うな
  • トレーニングに参加すること

 

などなどの後に”じゃあ、とりあえずトレーニングをしてみて君がこのレストラン好きか試してみよう。”

要は私の働きぶりをオブザベーション(観察)するわけですね。

とりあえずマネージャーの番号教えるから連絡してみてと番号を教えられ連絡してみました。

すると、じゃあ”明日とりあえず一時に来れる?そこで話をしましょう”とトントン拍子で話が進み、明日現場マネージャーに会いに職場に行ってきます!

もしかしたら仕事もらえる大チャンス!

とりあえずキビキビした態度と日本人の十八番の笑顔の大売り出しで、どうか乗り切れますように。

そして面接の最後に念押しされたのが、何はともかくノルウェー語話せるようにならないとね!との事。

はい頑張ります!泣

とりあえずこれから勉強してきます!

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございます!

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです><↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ