ほぼ内陸国ドイツでお手頃に手に入る海鮮物&場所をご紹介!

ドイツ・ミュンヘンに移住してからというもの明らかに魚の摂取量が減っているのを感じます。

ドイツ北部は海に面しているものもドイツ南部に位置するミュンヘンは内陸になり、新鮮な海鮮物を手に入れるのも大変ですし…

そしてミュンヘンで海鮮を買おうとすると…

    • 新鮮なものは高い!
    • スーパーで買える海鮮の種類は限られている!

 

と以上の問題がありドイツに来てから海鮮物は外食時に頂くのがほとんどになりました。もちろん今お金がないという状況がこの問題を産んでしまっているのかもしれませんが…

もちろん海鮮物が好きと言うのもありますが健康面においても栄養素としても気になる問題になります。

 

さて、この問題をどうにかしたいと思いスーパーなどでお手頃で何か買えるか探してみました。今回はそんなミュンヘンでお手頃に手に入る海鮮物をご紹介したいと思います!また新鮮な魚がミュンヘンのどこで購入出来るのかもご紹介!さてドイツの海鮮物事情はどうなっているのでしょうか?

内陸の街ミュンヘンでどんな海鮮物が手に入るのか?

上で述べたようにスーパーで手に入る海鮮物は限られています。鮮魚コーナーは大体肉類に比べると1/8ほどのスペースで売られています。例えば冷凍ケース8ケースがあったとしたら、たったの1ケース分が鮮魚だったり、場所に寄っては1ケース分も無かったりします。

ドイツのスーパーで買える鮮魚

さてどんな種類の海鮮が置いてあるかというと…

圧倒的に鮭が多く、ある所にはCoalfish=シロイトダラ、海老、ムール貝等があると言った所でしょうか。

魚がほとんど置いてない所は鮭のみだったりもするので、圧倒的な海鮮物の少なさに驚くかもしれません。内陸と言う事もあり海から新鮮な海鮮物を運んで来れないので仕方ないのかもしれませんね。

 

ドイツのスーパーで買える加工した海鮮物

その代わり長期保存可能な加工した海鮮物コーナーもあります。

薫製したもの、酢漬けにした物などマリネにする等、味付けをしっかり施し長期保存出来るようにしています。ここでは上で挙げたもの以外でも、ニシンや青魚のなども見かけます。

場所によっては日本人に馴染みのあるカニカマも買えますよ!

こちらではSurimiと呼ばれており、私が見た所では200gのこちらのパックは2.49ユーロ(約310円)するので安い…とはいえませんがね。

 

他にも缶詰された魚類もあります。

日本でもお馴染みのツナ缶、イワシのオイルサーデンやニシンや鯖等が手に入ります。こちらも加工済みの為、長期保存可能なので内陸であるドイツでもお手軽に手に入ります。

 

スーパーで買える冷凍された海鮮類

ドイツに来て冷凍商品の豊富さに驚かされました。今回紹介する海鮮類以外も野菜・フルーツ・調理済みの料理・パン・デザートと結構な冷凍商品を置くスペ―スが広がっています。

品揃えとしてはやはり鮭、シロイトダラ、海老、ホタテ等でしょうか。

その隣には調理された海鮮物コーナーがあり、鮭やシロイトダラを味付けしたり、衣をつけたものでカラマリ等のイカもありましたよ。調理された冷凍の海鮮物は試した事は無いのですが今度何か試してみたいと思います!

お肉文化のドイツ人にとっては魚と言えば鮭!?

上で書いて来たのを見て分かるように、ドイツのスーパーで一般的に売っている海鮮物には偏りがあり種類が本当に限られています。それは何故なのでしょうか?

ドイツ人はお肉の文化が強く根強いているので、未だに日本のように魚を沢山食べるという習慣は余りありません。まぁ日本でも魚離れは進んでいるのかもしれませんがね。

そんな海鮮物に馴染みの無いドイツ人でもは食べる印象があります。特に世界のどこにでもあるのではないかという、寿司屋さんもドイツにはもちろんあり少しずつ海鮮に触れる期間も増えているのかなとも思います。そんな寿司でもやはりサーモンが圧倒的に人気なようで、その他にアボカドなどもあったりします。

このように他の海鮮類はメジャーではないので必然的に馴染みのある”鮭”を中心とした品揃えになり他にドイツ人にとって馴染みの無い海鮮物は置いてないのかもしれませんね。

Advertisement

スーパーでお手頃に手に入るオススメ海鮮物!

それはスモーク鯖です!

暖めて食べるのがオススメ!暖める事で油がたっぷりのっている鯖のジューシー感を楽しめますし、スモークの風味と塩気が良くご飯が進みます!

ついつい買って来ては一食分に分けって冷凍したりとストックしていますが、塩分が多くなってしまうのか?が少し気になる所ではありますがね。

 

他にドイツのミュンヘン新鮮な魚が買える場所とは?

スーパー以外で新鮮な魚を買える所はミュンヘンにあるのでしょうか?またスーパーで売っているメジャーな魚以外の他種類の海鮮物は帰る所はどこなのでしょうか?

ミュンヘンのローカル・マーケット

有名な所でビクトリア・マーケットだと思います。

観光地としても有名なこちらのマーケットは様々な食べ物が手に入るだけあり、お値段が少し高いのがネックな所ですが一度訪れてみてはいかがでしょうか?

 

移民系のお店

アジアンショップを始め移民系のグロッサリーショップでは冷凍ではありますが、ドイツのスーパーでは見ない種類の海鮮物を購入する事が出来ます。日本食品屋さんでは日本でなじみ深いものも見つかるでしょう。

中でもドイツに多いトルコ系のショップ等では…

このように量り売りで新鮮な海鮮物を購入する事が出来ます。

 

さて以上が簡単ではございますが、ドイツの海鮮物事情になります。どんな海鮮物がスーパーで手に入るのか、ミュンヘンのどんな所で他の海鮮物が買う事が出来るのか少しでも参考になりましたら嬉しいです。

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございました。良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ