ワーホリの仮住まいの探し方

ワーホリの仮住まいの探し方

さて前回ノルウェーでの航空券を買ったのですが、

 

出発まで1週間もありません!!!

もっと時間に余裕を持って行く飛行機を取れば良かったのですが、夏が終わってしまうと思い急にはなりますが早めに出発する事しました。

少しでも楽しい時期のノルウェーを感じたかったので:)

 

ワーキングホリデーの仮住まいの探し方

さて実際に向こうに行くとなると次に必要になって来るの“住居”

私の意見ですが渡航前に本住居を探すのは、学生以外無理に近いのでは無いでしょうか?

学生の場合は学校の寮があったりと学校を通して住居を探せるかと思いますが、

ただ向こうに知り合いもいない学校も行かないワーホリの場合、自力で探す事になるので“仮住まい”をとりあえず見つける事になるでしょう。

今回わたしが考えた仮住まいの方法は以下3つでした。

  •  CouchSurfingでとりあえず費用を浮かす。
  • Airbnbを利用し、現地の人との繋がりを作る。
  • ホテル・ドミトリーを予約サイトで予約する。

 

 Couch Surfing (英語のみ)

日本でも認知度が上がって来ているのではないでしょうか?

いわば無料で泊まらせてもらう事が出来る“カウチサーフィン”

英語での利用となりますが、こちらで登録をし実際に自分で泊まらせてくれる人を探したりコンタクトを取ったりします。

“○○にいく予定です!”など書いておくと向こうから連絡が来る事も!まぁ変な人もいるので注意は必要ですが…

現地の人と交流出来る所も利点でしょう!

登録の仕方

ちなみにFB又はメールアドレスで登録後、

基本的なプロフィール、写真、携帯番号、支払い方法、今まで行って来た国は?等の質問に答えてPlofileが50%以上になると”旅のプラン”が作成できます。

そうすると他のユーザーから連絡が来るようになりました。

日本でも外国に行久野でも他のでもそうですが、自分の身は自分で守らないといけないので女性の方は特に注意が必要なのではと思います。。。

 

Airbnb (日本語も対応)

現地の人から借りる家、体験&スポット – Airbnb

これはもう有名になってきましたよね?

一般のお宅なので現地に住んでる気分になれたり、現地の人と交流出来るのがカウチサーフィンと一緒で魅力の1つだと思います!

こんなステキな所に1度でもいいから住んでみたい!という思いも叶うのでは:)?

 

こちらも実際のオーナーと連絡をとって予約を取り付けるのですが、支払いもAirbnbを通したりヘルプセンターもあるので少し安心感があるなと個人的に思いました。

(その分サービス料が上乗せされるのですがね^^;)

もちろん気をつける事は必要ですよ!ただ今まで泊まったゲストがリビューをつけているので、そのリビューをチェックする事は重要だと思います><!

 

旅行やホテルの予約サイトで見つける。

さて上記の2つをあげては来ましたが、私が今回利用したのはもっとも一般的な“旅行のサイトで予約する”でした。

 

理由として2つ・・・

渡航まで1週間しかないので、上記の2つのサイトでホストとコンタクトをしっかりとる時間が十分に取れないと思った。

(正直、ノルウェーに知り合いが1人もいないみとしては、現地の人との繋がりは喉から手が出る程欲しい!!!のですが。)

物価の高いノルウェー、ホテルの宿泊代もたかいのですが1番安いところがホステルで見つかった。

 

今回利用したのは“Booking.com”さん。

これには特に大きな理由はないのですが、VISA申請の時にキャンセル無料だったのでこちらを利用したのでそのまま利用させていただきました!

 

とりあえず2週間いないに住居を探す予定で、

2週間分で¥48,952!

他の国に比べたら高いですよね・・・。

 

とりあえずの仮住まいは確保したので、これで航空券も住まいもあるしひと心地はつけそうです。

まだ荷造りや向こうでの事は急ピッチで進めていかなくてはいけませんがね。笑

 

ワーホリに行く人の少しでも参考になれば嬉しいです。

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございます!

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです><↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ