ドイツのバレンタインデー事情

独り身の私は普通の日常を送った分けですが。。。

 

世はバレンタインだというのに朝は語学学校のちの午後は保育園でお仕事。

そしてお出かけ出来る夜はレストランのバイト…綺麗に丸一日ビッシリ予定がありバレンタインのバの字も余韻に浸れませんでしたが、いい口実は出来たと思います。

ドイツのバレンタインデーとは?

そもそもドイツのバレンタインはというと日本のものとは違います。

日本でバレンタインデーといえば“好きな人にチョコレートを渡して告白する”というのが主流。

恋する女の子・告白する日という意味合いが強いかと思います。

 

ではドイツでは…

チョコレートも告白もなく“恋人やパートナーに花束をプレゼントし日頃の感謝を伝える”というのが主流です。

元はと言えば日本と同じくドイツの文化ではないので、イベント自体行なわない人もいるくらいなんだそう。

ただ勤務先のレストランはカップルと見られる男女で埋め尽くされて大盛況!やはりパートナーと過ごすという姿が多く見られましたが、プレゼントや花束をもっているカップルは少なかったような…

 

カナダの保育園とドイツの保育園のバレンタインデー比較

カナダの職場では子ども同士もバレンタインデーはプレゼントあげあったり、保育園から子ども達へにプレゼントもあったり、子どもや両親の方からも頂きクリスマスに引き続きバレンタインデーも甘いもの尽くしでした。

ドイツの保育園ではそこまでやらないようですね。ドイツのバレンタインデー文化の浸透率の違いなのでしょうか?

それとも私も職場の園がそうなのでしょうか。何はともあれ国によってもバレンタインデーの過ごし方は違うようですね。

 

そして職場でHappy Valentine’s day!と甘いもののプレゼントを頂きました!ありがとうございます!!

 

そして仕事後に深夜すぎに家に帰ると…ルームメイトから嬉しいプレゼント。

エッグタルトを頂きました!

ちょっとしたこのプレゼントって本当嬉しかったですよね。賄いを食べたにも関わらず、深夜にも関わらず…つい2個も食べてしまいました。笑

 

職場でもと甘いものを頂いたのとプラスして…砂糖の過剰摂取になってしまったかも。

そんなこんなな私のバレンタインデーとは違い、友だちはちゃっかりデートに行ったらしい。

…うーん、ひやかしと惚気を聞きにいってみようかな。笑

 

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございました。

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ