じゃがいも団子?麺?ドイツでのはまりものSchupfnudelnをご紹介!

今回はドイツに来てからはまった食べ物Schupfnudelnをご紹介します!

元はと言えば仕事先の保育園のランチで食べたのがコレとの出会いでした。それ以来ついスーパー等で見つけては買ってしまうのです。

さてそんなSchupfnudelnとは一体何なのでしょうか?

ドイツの食べ物 Schupfnudeln

これを英語にするとPotato dumplingまたはPotato Noodleと言われており、日本語にしますとじゃがいもの団子またはじゃがいも麺になります。

想像しやすさでいうとイタリアのニョッキに似ています!

別名Fingernudelと呼ばれてもいるSchupfnudelnは主に南ドイツやオーストリアで食べられている食べ物で、基本的にはジャガイモ・小麦粉・卵で作られており手作りすることも可能なのだそうです。

私は今のところ手作りはしていませんが、いつかは作ってみたいものの一つです。

調べてみた所作り方も材料もシンプルで特別に手に入れるものもなさそうなので…

 

Schupfnudelnの作り方

Schupfnudelnの材料は…

  • 500gのマッシュしたポテト
  • 卵2個
  • 1カップの小麦粉
  • コショウ
  • ナツメグ
  • 1/4カップのバターまたは油

以上のみ。

Advertisement

下準備としては茹でたジャガイモの皮を剥いてマッシュする必要はありますが、それさえ済んでしまえば油以外の材料を全て混ぜて捏ね合わせる。

  1. マッシュしたジャガイモに、卵・小麦粉・塩こしょう・ナツメグを混ぜ捏ねあわせる。
  2. こねた生地を15分ほど寝かせる。
  3. 生地をSchupfnudelnの形に成形していく。
  4. 鍋でお湯を沸かしSchupfnudelnを茹でていき、生地が水面に浮かんで来たら茹で上がりのサインなので取り出して行く。
  5. フライパンに材料の残りのバターまたは油を入れてSchupfnudelnを焼いて行く。
  6. Schupfnudelnの表面に焦げ目がつきパリッとしたら完成です!

下準備さえ済んでいれば難しくなく出来るのではと思います。

良ければ試してみてください。

 

スーパーでも簡単にフレッシュなSchupfnudelnが手に入る!

どのスーパーにもフレッシュなSchupfnudelnは置いてあり、2−3人前分が入って1ユーロと手頃に手に入れることが出来ます。

コレをただフライパンで表面がぱりっとするまで焼けば美味しく頂けます!

Schupfnudelnは中はいも餅のようにモッチモチで表面はぱりっとした食感が楽しめるのも、私がこちらにハマった理由の1つです。

皆さまも是非ドイツにいらした際または自分で作ってみてもいいですし、このSchupfnudelnを試してみてください。

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございました。

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ