簡単に出来る!なんちゃってパンの作り方

以前にも書きましたがSteam banも好きです。肉まんの生地の部分と言えばいいのでしょうか?蒸しパンとはちょっと違う気がします。

そして何事も出来立てが美味しいですよね。なので主食のお米替わりにも手軽に出来るこのなんちゃってパンは本当重宝していますし、そんななんちゃってパン=スチームバンの作り方を今回ご紹介したいと思います!

 

蒸しパンにもなんちゃってパンにもなる2通りの役立つ生地の作り方!

肉まんの生地の部分=スチームバンを作るついでに作るのを始めたのがなんちゃってパンです。

何を隠そうこの2つとも同じ生地で出来るのが、何と言ってもお手軽で使い勝手がいい。

生地を蒸すか焼くかの違いでパパッと作れてしまうので、流石に平日には作りませんが休日の朝に作って出来立てを食べる又は多めに作って冷凍しておいたりします!

 

イースト要らずの肉まん生地の材料

パパっと作りたいため基本はイーストを使わずにベーキングパウダで作ります。

基本の肉まん生地はイーストを使うので膨らみ方も違い、イースト使用時ほどふわふわでは無いかもしれませんが少しモチっとなる気がします。私は燃費が悪く沢山食べたり腹持ちがいいものが必要で。

 

もちろんふわふわしたスチーム包子も好きなのですが、それだと沢山食べる必要があるのですよ。笑

せっかく多めに作っても大体は私のお腹の中に消えて冷凍できるのは少しだけっと言った具合。

歳と共に食欲も落ち着いてくるのかと思って来たのですかまだまだその気配はなく…このまま加齢と共にプクプク太ってしまうのではという不安がついて回ります。

Advertisement

話しが逸れましたが肉まん生地=なんちゃってパンの材料はこちら…

  • 小麦粉 150g カップ
  • 牛乳 ミルク 80cc
  • ベーキングパウダー 小さじ1
  • オイル 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • 塩 ひとつまみ

ちなみに以前は強力粉しかなかったので強力粉作っていましたが上手くいきましたよ。

肉まん生地=なんちゃってパンの作り方

生地を寝かせる時間を除けば15分ほどで簡単に出来ます!

  1. 乾いている材料を合わせて混ぜ合わせた後に、液体のミルクとオイルを入れて纏まるまで捏ねていきます。
  2. 生地をラップで覆い乾燥しない状態で15分寝かせる。
  3. 具を入れたい場合は具をこの状態で用意しておく。
  4. 中火で温めたフライパンに丸めた生地を置き大さじ2の水を入れて蓋をする。
  5. 中火で2、3分、弱火で五分ほど生地を蒸し焼きにしていく。具がない場合は焼く時間はさらに少ない時間で大丈夫です!

あっという間になんちゃって肉まんまたは包子が完成。

この生地はう上で書いた作り方のように蒸し焼きにすると生地の底はパリッと中はフワッとした2種類の食感を楽しむ事ができます。もちろん蒸し器がある方は、普通に蒸せばフッカフカの生地を楽しめますよ。

 

さらにこの生地をオーブンで焼くとなんちゃってパンも作れます!

生地の水分量か強力粉だからかパンは中はふわふわというよりもちもちした食感に仕上がります。

ふわふわが好きな方は蒸し焼きがおススメ、モチっとした食感が好きな方はオーブンで焼く方がオススメです!

私は欲張りなので生地の半分を蒸し焼きに半分オーブンでなんちゃってパンにします。そして多めに作って次の日や冷凍にもできるのでなにかと重宝しているこちらのレシピなんです。

材料もアバウトですが失敗も少ないのもお気に入りの一つ。具なし&生地を寝かせなかったら10分もかからず出来立てに蒸しパンが出来ますからね!

もちろん肉だねを中にいれて肉まん、クリーム入れればクリームパンになったり、胡桃などのナッツを入れてもいいですしアレンジが効くのもいい点です!

皆さまも良ければ作ってみてくださいね。

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございました。良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ