レモンとブルーベリーのマフィンのレシピをご紹介

すっかりベイキング熱が再熱してしまった今日この頃。

最近は作りすぎて自分の首を自分で絞め、太る道まっしぐらでございます。

ちなみに今回はブルーベリーがイースター前あたりから安くなることが多く買い込みすぎてしまい、少し傷んでしまったブルーベリーを使ってマフィンを作ってみました!

そして冷蔵庫にあったBio=無農薬のレモンとヨーグルトもあったので、これらの残り物といっては語弊がありますが・・・家にあった食材を入れたシットリとして爽やかな香りのあるブルーベリーとレモンとヨーグルトのマフィンを仕上げてみました。なので今回はそのレシピをシェアしたいと思います。

ブルーベリー・レモン・ヨーグルトのしっとりマフィンのレシピ

自分なりにレシピを作ってみましたが、いつもは全粒粉で作るのですが切らしていたため今回は普通の薄力粉で久々に作ってみました。

日本にいた頃は母の影響もあり、家にクッキングの本などもあったのでレシピ通りに作っていましたが、海外に住んでから量りが無いこともあり最近は自己流になっており、なのでこのレシピも量りいらずで作れます。

さて実際にマフィンの作り方をご紹介していきます。

 

ブルーベリー&レモンのマフィンの材料

・ブルーベリー 1 1/2カップ

・レモン果汁 大さじ2(30g)

・レモン皮一個分 小さじ2

・砂糖 カップ1/2(65g)

・薄力粉 2カップ(220g)

・べーキングパウダー 小さじ2(24g)

・ヨーグルト 1カップ(105g)

・卵 2個

・お好きなオイル カップ 1/2(90g)

・塩 小さじ1/2(3g)

Advertisement

ブルーベリー&レモンのマフィンの作り方

まず下準備は以下の3つです。

・オーブンを220℃に予熱し温めておく。

・ブルーベリーは洗って水気を切ったあと、レモン果汁、レモンの皮、砂糖、塩と一緒に混ぜ合わせておく。

・マフィンの型に好みの油分、バター、オイルを塗っておく。

 

さて実際のマフィンの作り方は以下の手順通りです。

1、まず小麦粉、ベーキングパウダーを振るいに掛け混ぜ合わせる

2、次に水分を含んだ材料達(卵、ヨーグルト、オイル)と下準備したブルーベリーを混ぜ合わせる。

3、手順1と2の材料を入れて、ゴムベラでさっくりと混ぜる。混ぜすぎない!

4、マフィン型に流してこむ、小さく作る場合は12当分にする。大きく作りたい場合は9当分。

5、オーブンに入れて220℃で7分焼く。

6、オーブンを一度あけて熱を少し逃がし180℃に下げて17〜19分焼く。

6、竹串を指して何も付いて来なければ、中まで火が通っている証拠。取り出して10分ほど冷ましてあら熱をとってから、型から取り出せば完成!

涼しい頃なら常温で4〜5日持ちますし、4〜5内に食べ切らなさそう分は冷凍しておくとレンジで簡単に解凍しても美味しく頂けますので、いっぱい作って置くのもオススメです。

ちなみにこちら今回の小さめマフィンの場合、600Wで40秒ほどで解答できます。1分やってしまうと固い部分が出てきてしまうので30〜40秒ほどで様子を見るのがオススメです!

ちなみに型に記事を流し込むときにブルーベリーを避けていれれば、レモンマフィンにもなりますので2種類の味を楽しみたい型はブルーベリー&レモンそしてレモンのみの2種類の味を楽しむのもオススメです!

お弁当のお供や職場に持っていくオヤツとして、そして軽い朝食としても楽しめますので是非作ってみてくださいね。

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございました。

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ