海外(カナダ)保育園と日本の園の5つの違い!

今回は海外で保育士をして気づいた、カナダと日本の保育園違いを5つの事柄に絞ってご紹介していきたいと思います!

ちなみに以前の記事でカナダでの保育士の仕事について書かせていただきましたので、もし海外で保育士をしたい方は参考までにこちらもどうぞ。

 

カナダと日本の保育園の違い5つ!

今回は働いて気づいた具体的なカナダと日本の保育内容の違いについて、5つのポイントに絞ってご紹介していきたいと思います!

 

1日の長れはほぼ一緒だが延長・土曜保育なし!

一日の流れはザックリご紹介すると、

<例> 乳児0~1歳児クラスの1日

7:00~ 登園
              自由遊び
 9:00  スナックタイム
 9:30  サークルタイム
10:00 外遊びorアクティビティタイム
11:30 ランチタイム
12:00 お昼寝
15:00 スナックタイム
15:30 サークルタイム&アクティビティ
              自由遊び
18:00~降園

 

流れはほとんど日本と変わりませんよね。ただサークルタイムは日本ではあまり行なわれないと思います。

また日本は19〜21時くらいまでの延長保育があるのに対して、延長保育がないバンクーバーの保育園では17時くらいには子どもが減って合同保育になり18時には皆帰ってしまいます!

本当早いですよね!そして日本でほとんど当たり前にある土曜保育もなしです!

これにはカナダ人の保護者のフレキシブルな働き方ベビーシッターを普通に利用している所が関係していると思います。

 

 子ども1人1人の登園がフレキシブル!

日本の保育園は月から金曜日までの週5行くのが普通です。

これはフルタイムで仕事をしていないと、保育園に入園しづらいという背景があるからかもしれません。

しかし上でも述べたようにカナダは親の働き方がフレキシブルでフルタイムでなく週2・3でパートしている人でも保育園に預けられます。なので子どもの保育スケジュールもフレキシブル

もちろん週5来ている子もいますが、週2・3日で保育をシェアしている人も多食います。

例えば、Aちゃん 月水金  Bちゃん 火木 のように中には週1回しか来ない子もいるくらいです!

Advertisement

 

保育園へ食べ物の持ち込み可!

日本の幼稚園でなく保育園はどこもそうだとは思いますが、食べ物の持ち込みは禁止されていると思います 。幼稚園でも昼食の為にお弁当を持って来るくらいでしょうか。

カナダの保育園では食べ物を家から持ってくる子が多いです。

もちろん日本の幼稚園のようにお弁当としてだけでなく、給食が普通にある園でもランチボックスを持ってくる子は多いです。

こんな感じの保冷のバックに入れて皆持って来るのですが、

 

中にこのように直接食べ物を入れて来る子も入れば、

 

このようにあらかじめ仕切られているタイプのランチボックスも良く見ます。

朝食や小腹が空いた時に子どもが自分で選んで食べられる!

うちの園で1番よく見るのは朝ご飯を園で食べるという場合。

日本だと朝食は食べてきて下さいとお願いするのですが、こちらでは朝食べてないからと朝食用にマフィン・果物・ヨーグルト・スナックなど持って来て登園後に朝食を食べてから遊び始めるのが朝の当たり前の光景となっています。

 

子どもにストレスを与えず好きな食べ物を選べる

その他にも入園すぐだったり好き嫌いが激しい子だと…

もし給食を食べなかった場合のバックアップとしてのご飯を園に置いといたり、ランチボックスに入れて持って来る場合も多く見られますね。

 

 

家庭での食のこだわりも尊重!

また牛乳を飲ませたくないという理由で、アーモンドミルクを持って来たりする子。

あまり甘い物を食べさせてたくない代わりに手作りのお菓子や無糖のクラッカー等を園に持って来る場合もあったりします。

ベジタリアンという事で肉の代わりに食べれる物を持ってくる子などの親の要望で持ってくる場合もあれば、宗教上これが食べられないっと給食ではなく個人の食事を持ってくる子もいます。

 

自分で選べる自由さも良いのですが…

その結果、園の給食で出るヘルシーな野菜たっぷりの物を嫌がり家から持って来たジャンキーな食べ物しか食べない様子も見られるのが現状。

これは園では食事を強要しては行けないので難しい問題なのですが、子どもの体の健康を考えると私なんかはう〜んっと思ってしまいますが。

カリキュラムの作り方

日本で保育士として働く場合、月案・週案・日案などの書類関係は個別に書くなど書類が多いのがネックな事の1つ。

このようにクラス単位でカリキュラムを立てる場合が多いカナダの園に比べると、書類の多さも違いますがカリキュラムの作り方も違う気がします。

もちろん園によって様々ではあるのですが、うちの園の場合は月ごとに“テーマ”を決めそれに沿って各々のクラスでプランを作っていきます!

ちなみに8月はこんな感じです↓

  • メインテーマ: 海 & キャンプ
  • ライフスキル: シェアする
  • 形:      四角
  • カラー:    青
  • 言語:     スペイン語

 

このテーマを基に、

  • 感覚遊び
  • 身体の遊び(指先・体全体の遊びなど)
  • クリエイティブな遊び(音楽・アート・表現・ごっこ遊びなど)
  • 言語(絵本など)
  • サークルタイム 

等の活動を通して子どもの成長を促していけるようプランニングしていきます!これは私の好きなことの一つですね!

Advertisement

 

ミルクを自分で飲む!

えっ!?そんな事と思うかもしれませんが、日本でミルクの時間といえば子どもを抱っこし歌などあやしながらやっていた私にとっては衝撃でした!

コッチの子はほとんど皆自分で哺乳瓶を抱え飲みます!

これからも分かるようにこちらはあまりベタベタ?はしないと言いますか、子どもを個人としてとらえていて“自立心”が 小さい頃から育まれている気がします。

よく寝室を子どもの頃から別ける事もありますが、これもそれの1つなのだと思います。

 

 

今ザッと思いつくのはこの5つですかね!細かく上げていったら切りがないのですが、国といか文化が違えば当たり前という所でしょうか。

 

でも保育をする上で日本だろうがカナダだろうが、根っこにある大切にしている部分はやはり変わらないと思います!保育で大切なのはあくまで“子ども”ですからね:)こちらもカナダの保育についてご紹介しているので良ければどうぞー雨期が長いバンクバーっ子の必需品!? Muddy buddy

ノルウェーの保育について書いた記事もありますので、興味のある方はそちらもどうぞ。ー海外保育紹介 自然が1番の財産!ノルウェー幼児教育 Dagsturerとは?

 

この情報が少しでも皆さまにとって役立つ物でありますように。

応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです><↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ