子どもを惹きつ離さない夏にぴったりWater tableアクティビティ!

保育現場で夏におこなう物と言えば水!海外の保育園でも水を使ったアクティビティーが増えるのですが、保育の環境設定に違いがあり特に良く使われているWater tableを今回ご紹介したいと思います!

ちなみに私の大好きsensory activityは今までもご紹介してきましたが、

ご紹介するのは夏の定番で、子どもを惹きけて離さないのが“水”のアクティビティもこの五感遊びの1つになります!海外でももちろん定番で日本との違いはその時に使用するのこちらです。

 

夏に水を使った保育をするならWater table!

このWater tabel=水テーブル?は日本ではあまり保育園では見かけませんが、コチラではどの園でもあるイメージがあるくらい一般的な遊具の一つです。

このように中にカップや浮くオモチャ等をいれておくだけで子ども達は本当ずーーーーーっと遊んでますよね!!!

園庭等の室外だけでなく室内でも使うこのwater tableは、水を入れるだけでなく色んな物を中にいれて遊ぶ事が出来るのも良い所。

 

Water tableは水以外のアクティビティにも使える

色をつけたお米とカップと計量スプーンを入れSensory=感覚・手先遊びとしても利用出来ますし、(お掃除は少し大変かもしれませんが…笑)

短期間ではありましたが、このテ−ブルの中で魚を飼ったときもあります。

そして時には小さな恐竜や石、小屋等を設定して“小さな恐竜の星”を作ったり時もありました!

この使い方はアイディア次第でどんどん広げられます:)他のアイディアー

 

water tableを設定すると子どもはどう楽しむのか?

そしてこの水をいれたwater tableは・・・

特に元気いっぱい?落ち着きなく遊びが切れ切れになる子でも、水に触ったり、浮かんでる様子を観察する中で気持ちが自然と落ち着いて集中して遊び込む姿を保育現場でよく見ます。

この間も雨天の室内遊びで少しワサワサとしてきた時にwater tableをセッティングしました。

この日は少し変化を加えて洗濯で落ちる絵の具+手洗いソープ!

 

案の定、泡の感触やカップで集めて楽しみ始め、泡作りからアイスクリーム屋さんごっこまで発展していきました:)

子ども達の発想や想像力は本当みていて感心してしまいます!

 

あまりの大盛況ぷりに急遽もう1つ簡易water rableを追加

テーブルの上にバスタオルを敷き大きいオモチャ入れで代用しました!

 

最後には泡で汚れた床をお掃除を2チームに分かれてお掃除競争!ちなみに先に泡が無くなった方が勝ちです:)

床もピカピカに掃除にもなりますし、ゲームとしても楽しいので一石二鳥ですよね!

水遊びは家だとお風呂場で手軽にも出来ますし、特にオモチャもいらない手軽で子どもの発育にもいいSensory=感覚遊びの1つだと私は思います!

 

そして暑い日でも水は冷たく子ども達も涼めますしね:)日本ではたらい等で、このように遊んだ事もありましたが、やはり室内に設定した事はなかったので新鮮に思いました。他にも夏にオススメのアイディアを紹介してますので参考までに。

 

面白そうだなっと少しでも思って頂けたら嬉しいです。子ども達とこの夏も水遊びを沢山楽しんでくださいね:)

 

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございます!

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです><↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ