バンクーバーの保育園事情 ②海外保育士の実態 

この間からカナダと日本の保育園の違いに付いてご紹介していますが、以前に書いた保育のシステムについてはこちらになり今回はその”保育士”編になります。実際のカナダの保育士の実態について現地からご紹介!

 

カナダと日本の保育士の4つの違い

今回は保育士自体に焦点を当てて実際にどんな違いがあるのかシェアしていきたいと思います。実際にカナダで海外保育士をして気づいた日本との違いはシステム的な事を含め様々ありましたが、その中で今回は1部をご紹介します。

 

1つ目!日本とカナダの保育士資格の違い

 

日本:

  • 幼稚園教諭保育士の2つの免許。
  • 学校に行った場合この2つは最短で2年間で取れる。
  • ちなみに保育補助であれば資格なしでもアルバイトで働ける。

 

BC州:

バンクーバーがあるカナダのBC州では少し細かく4つの資格に分かれています。

Early Childhood Educator Assistant(ECEA)

  • 保育アシスタント。
  • ECEと働く事を条件に保育園で働く事ができ、原則一人では子どもをみれない。
  • 学校によるが15weeks3ヶ月程で簡単にとれる。

Early Childhood Educator(ECE)

  • 主に3〜5歳の子をみれる日本の資格でいうと幼稚園教諭免許。
  • 1年有効の物と500時間の実務経験があればとれる5年間有効の2タイプがある。
  • ITと一緒にいる事を条件に0-2歳児の保育も出来る。
  • 学校によるが1年程で資格がとれる。

Infant and Toddler Educator (IT)

  • 0−2歳児をみれる資格。
  • この年齢がいるクラスは必ず1人はこのITを配置しなければならない。
  • これはECEのライセンスが無いととれません。
  • 学校にもよるが半年程でとれます。

Special Needs Educator (SN)

  • 特別支援児童用の資格。
  • これもECEのライセンスが無いととれず学校にもよるが半年程でとれる。

 

2つ目!勤務時間の違い

ちなみに勤務時間は日本と同じで平均7.5 or 8時間。

ただ違うのはon time(シフトの時間通りに)上がれる事です!

これが日本の保育現場だとほぼ不可能なんです!泣

日本では勤務時間=子どもを保育する時間なので、この勤務時間後に書類を書いたり・次の日の保育の準備を行なうため勤務時間通りにかえれない事が普通ですが…

カナダでは時間通りに上がらないと逆に心配されます。

そして時間通りに上がれない=仕事をマネージメント出来ないという事になるので”仕事ができない”レッテルが貼られてしまいます。なので自分の名誉の為にも時間キッッチリに上がりましょう。

私はそれを知らず仕事を始めたばっかりの頃、日本の用に残っていたら”何がそんなに終わらないの?””大丈夫?””他の担任は何してるの?”っと心配されてしまいました。笑

 

これは書類の少なさによるもの。

日本は書類を勤務時間外にやりますが、こちらは週案などは作りますが基本的に書類が本当少ないです!

 

3つ目!日本とカナダ給料の違い

日本:

月給制で手取り20万前後だと思います。

正直な所…私が新人で働き始めた頃は20万以下の方が多かったですかね。悲しいかなこれが日本の保育現場の現実です 泣

低い所は14万など一人暮らしも出来ない程低いですが….

日本の場合は月給制でボーナスもあるので、年収はコレにちょっと上乗せされる感じでしょうか。

 

BC州(バンクーバー):

では時給制又は月給の2つのパターンになります。

ちなみに所は時給制でした。この時給制だと・・・

  • ECEA  平均$13
  • ECE    平均$15
  • IT     平均$18

以上程で経験があればコレに上乗せした時給になります。

そして園にもよるのでECEAで$17もらっている人やECEで$22の人なんかもいます。

 

時給$15で1日8時間労働の場合、手取りの月給で換算すると20万円程でしょうか。時給制なのでボーナス等はありません。

その代わり8時間以上働いたら時給が1.5倍、シフト時間外に働いたらover workとして、ちゃんと払ってくれる所が多いです。

 

比較すると平均的な給料は私は日本もカナダも変わらないと思います。リアルな勤務時間を換算すると日本の方が低いのですが…ボーナスがある分で年間の給料でいくと高い気もします。

バンクーバーは給料の高めの所を狙えば日本より稼げるといった所でしょうか。もちろん園や保育士のスキルによって変わってくると思いますが。

 

4つ目!保育現場の休み

日本と同じように祝日は休みで日本はほとんどの園で土曜保育がありますが…

バンクーバーでは土曜保育がありません!ありがたい!!

 

日本は年間15日程の有給、夏期休暇は園によりますが5日ほどとれます。

園にもよりますが有給があまりとれない所もあります。

土曜保育がを行った代わりに振替でお休みをくれる園があったり、私の園では”生理休暇”という有給以外の休暇が月に1回とれました。

お金よりお休みなカナダの人々!

BC州は2週間のバケーションが権利としてあり、Sick dayという病休が5日程あります。

このpaid off(有給)以外にも結構皆さんお休みをとります!かという私も1ヶ月間のバケーションをとりました!

カナダの方の働き方スとしては…自分の私生活の方が大事なのが外国スタイルでしょうか:)

 

バンクーバーでの保育士の求人情報

これは蛇足になりますが、日本もBC州も同じ人で不足のため沢山求人はあります!選り好みしなければすぐ見つかります!

 

こうやって書きだして行くと色々違いありますね。また書き出しながら日本の事を忘れつつある事に気づかされました。

また私の情報は古く今の日本は変わっているのかもしれません。気づいた事また思いついたら書き足して行こうと思います!

またノルウェーの保育園事情をご紹介した記事もありますので良ければそちらも見ていただけると嬉しいです。ー

 

最後まで読んで頂き本当ありがとうございます!

良ければ応援がてらにポチっとクリックしてくださると嬉しいです><↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ